Home > DMプラザ > ツイッターの名物キャラが文学賞

ツイッターの名物キャラが文学賞

 先日、ネットニュースを見ていたところ「カタログ通販会社に勤める40歳が、松本清張賞を受賞するまで」という見出しの記事が目に留まった。今年の同賞受賞作である『天地に燦たり』という歴史小説の著者である川越宗一氏が、カタログ通販会社に勤務しているということであった。

 こうなると、どんな経歴の人なのかが気になるのが人情。グーグルで検索したところ、出てきたのが「SSプランニング」という会社のページ。代表はニッセンホールディングスの元社長である佐村信哉氏。佐村氏のつづるブログが検索結果として出てきたのだ。

 7月30日付の「未来の大先生」という川越氏の受賞に触れた記事によると、川越氏はニッセンの現社員であり、「確か初めはパートとして入ってきた」(佐村氏)。佐村氏によれば「はっきり言って『仕事には向かないなあ。』と言う印象」だったとか。

 それが変わったのが「ニッセンのスミス」という名前でキャラクターを演じ、情報発信をする担当になってから。ユーザーからの人気を集めたことが評価され、面接を経て社員に登用されたのだという。

 スミスさんはニッセン公式ツイッターの人気キャラクターとして有名だけに驚いた。当然、私的な話だけに受賞をアピールしていることはないが、氏の軽妙なツイートにはいつも楽しませてもらっているだけに、この場を借りて祝意を表したい。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4441
Listed below are links to weblogs that reference
ツイッターの名物キャラが文学賞 from Column

Home > DMプラザ > ツイッターの名物キャラが文学賞

Search
Feeds

Return to page top