Home > 記者の目 > 郵便含め質向上を

郵便含め質向上を

 日本郵便が中期経営計画で2020年度に宅配便「ゆうパック」の取扱個数10億個以上という目標を掲げた。17年度の実績を2億個上乗せする。

 ヤマト運輸が働き方改革に向け荷受量を抑制する総量規制に昨年、今年と取り組む中、日本郵便へ宅配便を依頼するネット販売企業が増加。17年度に前年度比25%程度増となった日本郵便は、10億突破というのも達成できるだろう。

 一方で宅配便増加から、郵便などのサービス低下が懸念される。法人の郵便物の集荷を6月一杯で取りやめるという。現状、主力業務である郵便のサービルレベルを低下させるのは、一層の郵便離れを引き起こす。通販企業では郵便の利用も依然多いだけに残念だ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4331
Listed below are links to weblogs that reference
郵便含め質向上を from Column

Home > 記者の目 > 郵便含め質向上を

Search
Feeds

Return to page top