Home > 記者の目 > 携帯事業の成否は

携帯事業の成否は

 楽天が携帯電話事業に参入する。利用者の視点からいえば、今の3大キャリアの料金プランは横並びで、こう着状態にあると感じる。料金次第では楽天が風穴を開けることも可能だろう。

 とはいえ、現在は総務省の規制もあり、MNPによるユーザー獲得競争は落ち着いている。安価なMVNOの存在もあり、新規獲得のハードルは高い。

 事業を軌道に乗せるには巨額の投資が必要だ。既存のユーザーを取り込む、魅力あるプランを継続的に提供できるのか。さらには電波品質の問題もある。

 成功すれば「楽天経済圏」は広がりを見せるが、一筋縄ではいかないだろう。果たして楽天は思惑通りにユーザーを獲得できるか。動向に注目したい。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4213
Listed below are links to weblogs that reference
携帯事業の成否は from Column

Home > 記者の目 > 携帯事業の成否は

Search
Feeds

Return to page top