Home > Archives > 2017年9月 Archive

2017年9月 Archive

流行語の本命か?

 昨年は「神ってる」が年間大賞となったユーキャン新語・流行語大賞。今年のトップ10発表まで2カ月ほどあるが、「インスタ映え」や、連勝記録を塗り替えた中学生プロ棋士の「藤井四段フィーバー」、政治関連では「忖度(そんたく)」、女性芸人の「35億」などは堅そうだ。

 中でも「インスタ映え」はフォトジェニックな場所や店、商品などがSNSを通じて広がるなど、経済効果につながることもあるようだ。写真を撮るためにどこかへ行ったり、何かを食べたりするのは目的と行為が逆転しているような気もするが、"お金を使わない"と言われる若年層を中心に消費スタイル自体が変化していることを示すワードなのかもしれない。

「HMB」に見る市場

「HMBもそろそろ終わり」。ある健食の企画会社の社長はこう話す。HMBは筋力の維持が期待される素材。だが、ウェブではアフィリエイトの成果報酬が急速に高騰しているため「終わり」という。

 HMBは機能性表示食品の届出もある。だが、ウェブではもっぱら本来の機能を超えた"筋肉増強"のイメージで売られる。広告合戦も激しく、ある企業はフリークエンシーキャップをかけず、うんざりするほど毎日ウェブ広告を目にする。

 確かにウェブで扱いが増え認知は上がった。だが、定期縛りなどトラブルも多い。健全な市場は育たず、市場が荒れた頃にこれら企業は別の素材に飛びついているだろう。行政の監視もこのスピードに追いつけていない。

Index of all entries

Home > Archives > 2017年9月 Archive

Search
Feeds

Return to page top