Home > 記者の目 > 「玄関配達」の利便性

「玄関配達」の利便性

 先日、海外通販を利用したのだが、配達業者であるUPSの不在票がポストに入っていた。UPSは配達時間の細かい指定ができず、平日夜間や土日に配達してもらいたい場合は、業者をヤマト運輸に変更する必要があるので、普段のきめ細やかなサービスに慣れていると不便に感じてしまうのだが、「不在時に玄関先や駐車場など、指定した場所に荷物を置いてもらう」ことが可能だ。

 不在票の裏に署名し、玄関に貼っておけば配達員が指定場所に荷物を置いてくれる。トラッキング番号で配達時間は確認可能だ。もちろんリスクはあるが、便利に感じる人は意外に多いのでは。日本の配達業者も同様のサービスを検討してもいいのではないか。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3921
Listed below are links to weblogs that reference
「玄関配達」の利便性 from Column

Home > 記者の目 > 「玄関配達」の利便性

Search
Feeds

Return to page top