Home > 記者の目 > 定期縛りの限界

定期縛りの限界

 行政や消費者団体がさかんに問題視する健康食品の定期縛り。多いものでは6回の購入を求めるものもある。

 そもそも定期縛りはアフィリエイターに高い報酬を支払い、自社商品を広告してもらうために生まれた。ブランド力、資本力のない新興企業は、複数回の購入が約束されれば購入単価を高め、先行投資を抑えて高額報酬を支払えるからだ。

 ただ、最近はアウトバウンドなど継続率を高めるCRMを強みに定期縛りをせず、アフィリエイターに高い報酬を提示する企業も出始めている。行政の監視も厳しく、国は埼玉県からの要望に特商法など「現行法で対応可能」との見解を示している。法執行などでいずれ改善を迫られることになりそうだ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3842
Listed below are links to weblogs that reference
定期縛りの限界 from Column

Home > 記者の目 > 定期縛りの限界

Search
Feeds

Return to page top