Home > 記者の目 > バイヤーの昔と今

バイヤーの昔と今

 「今はマーケットやタイミングを見れるバイヤーが減った」。通販企業などに商材を卸している企業のトップはこう指摘する。

 7、8年前であれば新商品を提案する際、他の企業ですでに扱っていると言うとガッカリされたが、今は逆にどの企業でどれだけの実績が出ているかを聞かれるのだという。

 つまり現状ではバイヤーは売れ筋を探し、似たものを安く仕入れることに力を入れているというのだ。「サラリーマンだから失敗できないのは分かるけど、もう少しチャレンジしてほしい」と先述の社長は本音を漏らす。

 ヒット商品発掘はリスクが付きものだが、不況の現在ではなかなかバクチは打てないのかもしれないと、しみじみ感じた次第だ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/1645
Listed below are links to weblogs that reference
バイヤーの昔と今 from Column

Home > 記者の目 > バイヤーの昔と今

Search
Feeds

Return to page top