Home > フルフィルメント Archive

フルフィルメント Archive

ジャパネットロジスティクス 物流拠点に新マテハン導入、出荷能力が2倍に

071.jpg ジャパネットたかたが物流体制を強化している。8月から主に関東圏の物流をカバーする千葉県内の物流拠点に新たなマテハン設備を導入した。それはピッキングしてベルトコンベアに乗せた商品に顧客情報を紐付けた伝票貼りや顧客ごとに異なる各種同梱物の選択・同封を自動的に行い、配送先の方面別仕分けまで行うもの。同社では7月から取扱商品を従来の10分の1程度まで絞り込む戦略を採っており、新マテハン導入との相乗効果で配送効率を高め、一日当たりの出荷可能件数を増やす狙い。これにより、現状、主に首都圏で実施している当日配送および当日出荷による翌日配送が可能となる件数を増やして物流サービスアップにつなげる考え。

 新たなマテハン設備はグループの物流業務を担うジャパネットロジスティクス(本社・愛知県春日井市、星井龍也社長)が運営する千葉・市川市内の「市川物流センター」に導入、8月から本格運用を開始したもの。

 同マテハン設備はピッキングした商品に顧客情報を紐付けて、2レーンを導入したベルトコンベアで移動させながら、出荷商品への伝票貼りや商品・顧客属性によって内容も枚数も異なる同社やメーカーからの案内書やキャンペーン告知などの同封書類をロボットアームによる選択同梱、出荷地域への方面別仕分けをすべて自動的に行うもの。

 これらの作業はこれまではすべて手作業で行っており、労力と時間がかかっていたが、「(導入後は)人による作業はピッキングした商品をベルトコンベアに乗せるだけ。後はフルオートメーションで方面別仕分けまで行うため、人手による作業は半分以下になり、1件ごとに違う同封物の内容確認や配送エリアへの荷物の振り分けにかかっていた時間も必要なくなった」(星井社長)という。

 なお、導入したマテハンが活用できるのはメーカーの段ボールのままで配送する荷物が対象。例えば「『布団』に『布団カバー』をつける」のように本商品にジャパネット側で付属品や関連品を付けてセット販売する場合は、それらを合わせて同社の段ボールに入れて梱包する必要があるため、これまで通り、伝票貼りや同封物の同梱などは手作業となるが、その後の荷物の自動方面別仕分けには対応している。

 マテハン設備の導入に先駆けて、ジャパネットたかたでは取扱商品を厳選することでの商品調達面や販促面、顧客対応面など様々な効率化や充実化を狙い、7月の通販サイト刷新に合わせて取扱商品数を従来の8500点から600点弱に絞り込んでいる。取扱商品の絞り込みは「様々な商品の出荷作業を行うよりも同じ商品の配送が多ければ多いほど作業効率が高まる」(同)ために、庫内作業のスピードアップにつながり、新たなマテハン設備の導入との相乗効果でより1時間あたりの出荷可能件数は従来の2倍近くまで高まったという。

 短時間でより多くの出荷処理が可能になることでジャパネットたかたが昨年からテレビ東京の午前帯の同社通販枠での紹介商品で首都圏の顧客を対象に実施している当日配送について「当日午前11時までの出荷」という"条件"への対応商品数が増えることから、通販番組内で「当日配送ができる」と訴求し販売できる商品を増やせるようになるほか、同社の通販サイトでも近く午前9時までの受注分について首都圏の顧客を対象に当日配送に対応していく考え。

 さらに1時間あたりの出荷可能件数が増えたことで1日当たりの出荷件数も大きく伸びることになるため、「当日午後6時までの出荷」が条件となる"翌日配送"への対応可能数も増えることになる。また、商品の絞り込みで原則、取扱商品はすべて在庫する方針としたために、やはり、当日・翌日配送可能商品が増えることになり、配送サービスの向上につながっているようだ。

 昨年10月に受注当日配送サービスを含む関東圏の物流体制の強化のため新設して主に季節商材や売れ筋商品などを中心に取り扱う「市川物流センター」に新たなマテハン設備を導入して出荷能力を高めたことで大型の基幹センターである愛知・春日井の拠点とともに全体で配送作業の効率化と配送リードタイム短縮を進めて配送サービスレベル向上を図り、ジャパネットたかたの売上拡大につなげていく考えだ。

ヤマトグループ  関東・中部間で当日配送、愛知に大型ターミナル拠点

 7-1.jpgヤマトホールディングスは9月8日、愛知県豊田市に建設していた大型物流ターミナル「中部ゲートウェイ」が完成したことを受け竣工式を行った。ヤマトグループが進めている「バリュー・ネットワーキング構想」のスピード輸送と付加価値機能を一体化する戦略拠点のひとつとなるもので、2013年に稼働した厚木ゲートウェイとの間で多頻度幹線輸送を行い関東・中部間の当日配送を可能にする。来年には大阪で「関西ゲートウェイ」が完成する予定で、東名大の当日配送網構築に向け大きく動き始める。

Continue reading

マガシーク、三越伊勢丹のECと在庫連携

マガシークは8月31日、同社が進める"サテライト戦略"の一環として、三越伊勢丹ホールディングスが運営する通販サイト「三越オンラインストア」および「伊勢丹オンラインストア」と取り扱いブランドの一部で在庫共有の取り組みを始めたと発表した。

マガシークのサテライト戦略は、ひとつの在庫を複数の売り場で販売することにより、販売力と商品調達力を高めることが狙いで、これまでにも親会社のNTTドコモとは衣料品通販サイト「dファッション」を、近鉄百貨店とは衣料品通販サイト「ハルカススタイル」を開設しているが、既存のモール型通販サイトと在庫連携するケースは今回が初めて。

 マガシークにとっては、三越伊勢丹のブランド力を背景に商品の販売力を拡大できるのがメリットで、百貨店側にもマガシークのフルフィルメント力を活用できるほか、品ぞろえの拡充にもつながる利点がある。また、取引先ブランドもマガシークに商品を納品することで同時に百貨店通販サイトでも販売でき、在庫の分散を防いで商品の消化率向上が期待できる。

 今回の取り組みでは、三越伊勢丹は百貨店ECのサイトフロントの運営やカスタマーサポート、商品の発送などを、マガシークは商品調達と商品情報作成および在庫管理などを担う。受注後は、マガシークの倉庫から三越伊勢丹の倉庫に商品を届け、そこから同社が消費者に発送する。

 マガシークはすでに、フランドルの「エフデ」や「イネド」などの主力ブランドに加え、レリアンの「レリアン」など4社13ブランドと商品情報・在庫の連携を始めており、まずは30ブランドと早期の連携を図りたい考えだ。また、今後はファッション通販サイト「マガシーク」に出店する既存メーカーはもちろん、新規の取引先にも今回の取り組みに賛同・参画してもらうことを目指していく。

日本郵便 EMSより安く配送、越境通販向けに新サービス

 日本郵便は10月1日から、越境通販商品の配送を主なターゲットにした「国際eパケットライト」を試行的に開始する。従来の国際スピード郵便(EMS)や国際eパケットと比べ配達スピードは遅いが、より低額な料金で利用可能。軽量で低価格な商品の配送向けサービスで郵便受箱に配達するが、追跡サービスも付けている。

 国際eパケットライトはSAL(航空便の空きスペースを活用して輸送するサービス)を活用するなどで低額な料金で提供可能にする。配達日数は約2週間で、EMSの2~3日(近隣国の場合)、国際eパケットの約1週間と比べ日数を要する。

 当初の対象国・地域は米国、香港、韓国、シンガポール、ベトナム、ニュージーランド。越境通販の需要国である中国とは現在調整中とし、年明け以降の開始となる見通し。引受局は都内の22局で、将来的に全国で可能にする。

 荷物の大きさは最大のものが長さ60センチ以内で、長さ、幅、厚さの合計が90センチ以内、最小は長さ14センチ、幅9センチまで(巻物タイプも対応)。重量は2キログラムまでとしている。本やCD、DVDなどの商品の利用などを想定している。

 料金は100グラム~1キログラムが100グラム刻みに設定し、最も低額な第1地帯(アジア)で530~1120円となる。1キログラム超は250グラムごとに料金設定し、同地帯で1340(1・25キログラム)~2000円(2キログラム)としている。

 実際の利用では500グラム~1キログラム超のゾーンが利用のメーンになると見ている。他のサービスと料金を比較すると、第1地帯に1キログラムの荷物を送る場合でEMSが2100円、国際eパケットが1480円となり、国際eパケットライトはそれぞれ980円、360円安い。

 差出数による割り引きはなし。また損害賠償も対応していない。

 利用に際しては、オンラインシッピングツールを使用して専用の発送ラベルを作成する必要がある。

 日本郵便はこれまで主にEMSと国際eパケットで越境通販の商品配送に対応してきた。EMSは迅速性と2万円までの損害賠償があることから高額商品向け、国際eパケットはEMSよりも多少配達が遅く、損害賠償も6000円までで中価格帯の商品の配送向けとしていた。今回、国際eパケットライトはより低額な商品を遅い配送でも構わないという購入者などに適したサービスとして位置付けており、越境通販の配送方法の選択肢を増やした。

パルシステム  野菜加工の工場建設、産直原料で品質向上へ

 パルシステム生活協同組合連合会は今秋、カット野菜の製造工場の建設に着手する。レシピ付きの食材セットの製造を外部委託から自社製造に切り替える。加工食品において、栽培履歴が明確な産直野菜の使用率を高め、品質向上につなげる考え。2023年をメドに、毎週10品目、4万点の製造を目指す。

 建設するのは「板倉食品加工品センター」で、群馬県邑楽郡に設立する。稼働予定は2017年10月。鉄筋造2階建てで、敷地面積は1万1550・02平方メートル、食品工場棟の延べ床面積は2590・6平方メートルとなる。

 製造する商品はレシピ付き食材セット「パルシステムお料理セット」で、カット野菜と肉、魚、調味液をセットにしたもの。産直野菜の使用頻度を高めて商品力の向上と、他社との差別化を図っていく。 

 加えて、稼働が安定化して以降、サラダ用のカット野菜や惣菜類の商品開発を行う環境を整備する。あわせて、高齢者や少人数家庭に向けた商品開発などを視野に入れ、産直野菜の使用頻度を高めていく。

 「パルシステムお料理セット」はこれまで外部工場に製造を委託して、毎週14品目について5万点を供給していた。今期4~7月度の受注実績は前年同期比21・6%増と好調に推移していた。新工場稼働後の取り扱いは現状と同等の毎週14品目となる見込み。製造コストなどの効率化を進めるものの、値下げは想定していないという。

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

全ての記事一覧

Home > フルフィルメント Archive

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ