Home > 特集企画 Archive

特集企画 Archive

第66回通販・通教売上高ランキング 上位300社、市場規模は5.1%増

 1-1.jpg通販新聞社が7月に実施した「第66回通販・通教売上高ランキング調査」によると、上位300社の合計売上高は6兆1845億円となった。伸び率は昨年同時期の調査と比べ5・1%増で、消費増税の影響が薄らいだものの昨年並みに。全般的にネット販売を行う企業の躍進が目立った。上位200社の合計は5兆7955億円で、昨年同時期から4・9%増加した。(※表は週刊通販新聞本紙で掲載した1~300位までの売上高ランキングの中から上位10位のみを掲載。11位~300 位および、利益率・増収率ランキングなどは本紙のみに掲載しております。 「通販新聞」の購読はこちらご覧下さい)

Continue reading

越境ECの"現実"は 成否分けるポイントとは? モールとの関係、ルールの見極めカギに

1-1.jpg
新たな顧客・商圏を求めて海外へとネット販売を展開する「越境EC」に取り組む事業者が増えてきた。現地の仮想モール事業者を始め、越境EC支援ビジネスを展開する業者からの"誘致"も目立ってきている。ただし、いざ参戦すると「それほど甘いものではなかった」と口にする事業者もまた少なくない。魅力的にみえる越境ECだが、"現実"はどうなのか。また、参戦後に超えねばならない"壁"とは。活況な中国での越境ECを軸にすでに越境ECに取り組む事業者の現状を見ていく。

Continue reading

進む通販でのAI活用

011.jpg 「人工知能(AI)」を活用した施策を行う通販実施企業が徐々に増えてきているようだ。これまで人力で実施してきた案件や作業に対して、AIを介することで効率性や効果を劇的に高める事例なども出つつあるよう。通販実施企業の中でもますます活用が進むと思われるAI技術の導入だが、すでにAIを活用する事業者の事例を見つつ、通販事業者にとって今後、重要になるであろう通販ビジネスへの効果的なAI活用術を探る。

Continue reading

【ビタミン・ミネラルの行方】 新制度のみ「表示不可」の異常

 1-1-1.jpg機能性表示食品制度の「対象範囲拡大」を巡る検討会の議論が紛糾している。ビタミン、ミネラルなど栄養成分の対象化を巡り消費者サイドと事業者サイドの意見が対立。ビタミン等について、国内の諸制度の中で新制度のみ、その機能を表示できない事態が続く恐れすらでてきたためだ。新制度は食品の機能性表示で"世界最先端"をめざし導入されたもの。だが、実際には医薬品、食品領域において、最先端どころか国内の諸制度にすら遅れをとっている。こうした状況に批判の声が高まっている。

Continue reading

上半期の通販業界を振り返る 震災で見えた通販の"絆"、 情報流出など不祥事も散見

1-2.jpg
2016年も半年が経過し、早くも折り返し地点を迎えた。今年は例年になく多くの出来事があり、通販業界のみならず社会全体に大きな影を落とした熊本地震をはじめ、消費増税の延期決定、大規模な顧客情報の流出などインパクトのあるニュースが相次いだ。各社の動きとしてもアマゾンの送料無料化中止や日本郵便の大口料金値上げなど業界全体に影響を及ぼすものがあり、非常に印象的な半年間だったと言える。この上半期で通販業界に起きた主な出来事を振り返ってみる。

Continue reading

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

全ての記事一覧

Home > 特集企画 Archive

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ