Home > 特集企画 Archive

特集企画 Archive

楽天  ドローン配送開始、商用サービスは世界初

 1-1.jpg楽天は5月9日、ドローンを使った配送サービスを開始する。千葉県御宿町のゴルフ場「キャメルゴルフリゾート」において、食料品や飲料、ゴルフボールなどをコース上の利用者まで届けるというもの。3月に同社が出資した自律制御システム研究所(ACSL)のドローンを利用。楽天の「楽天技術研究所」が開発した画像認識技術を搭載、荷物を自動的に離す機能を備えるなど、改良を進めた。同社では、1カ月間の予定でサービスを実施。利用者の反応を見ながら拡大する計画で、将来的には仮想モール「楽天市場」の商品を、ドローンで配送したい考えだ。

Continue reading

"顧客の声"の活かし方とは?

1-1.jpg
日々、顧客から寄せられる自社の商品・サービスについての意見や要望、クレーム。これらは通販事業者にとって対処すべき課題である一方、きちんと向き合い、迅速に解決・処理することができれば顧客満足度やサービスレベルの向上につながる"宝の山"でもある。通販事業者にとって永遠のテーマとも言える「"顧客の声"への対応」について注目すべき通販各社の施策とその状況について見てみる。(詳しくは4月25日発売の本紙姉妹誌「月刊ネット販売」5月号の特集1参照)

Continue reading

アマゾン 全品送料無料を中止、〝投資〟から〝利益確保〟へ転換か

amazon①.jpg 「注文金額2000円未満の場合、350円の配送料を頂きます」。アマゾンジャパンが4月6日から、これまで実施してきた同社が発送する全商品を対象とした"送料無料"を中止した。同社が2010年から本格的にスタートした送料無料化は消費者へはもちろん、多くの競合事業者へも大きなインパクトを与え、その後、多数の通販サイトが実施することになった送料無料化の呼び水となり、「ネット販売は送料無料が当たり前」と世間に認識されるきっかけとなった施策だったが、これを改め、1回の購入金額が2000円未満の場合、350円を徴収することにした。今回の方向転換の理由とは。またアマゾンが起こしたECにおける「送料無料の波」の行方とは。(画像は送料改定を記載した同社ウェブサイトより


Continue reading

新生活・年度末商戦、各社の取り組みは?

1-1.jpg 「クリスマス」「年末・年始」「ボーナス」など通販事業者にとって重要な"商戦"は1年の間にいくつもあるが、今まさに行われている3~4月の「新生活商戦」もまた就職や進学などで発生する様々な買い物需要を取り込めるまたとない重要な商戦と言える。今回の通販各社の新生活商戦とは。また同時期に各仮想モールで展開されている年度末に向けた大型セールの状況もあわせて、今年の新生活・年度末における各社の販売状況について見ていく。

Continue reading

有店舗小売事業者の「オムニチャネル化」が加速、各社の取り組みは?

1-1.jpg
購入窓口をはじめ店頭受け取りや決済手段など様々な角度から取り組みが進められているオムニチャネル戦略。先行するところではすでに成果を検証する段階にまで来ており、客足への具体的な効果を読み取れるケースも出ている。もはや、小売企業が成長する上で欠かせない戦略となったオムニチャネルについて、今回は大手有店舗企業の事例を中心に直近の取り組み内容を見てみる。

Continue reading

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

全ての記事一覧

Home > 特集企画 Archive

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ