Home > 特集企画 Archive

特集企画 Archive

ファンケル 1000億の大台突破へ、チャネル戦略を転換

 1-2.jpgファンケルは中期経営計画の最終年度となる今期(2018年3月期)、07年以来となる売上高1000億円の壁に挑戦する。チャネル戦略を転換。カタログ依存のコミュニケーションから脱却し、広告、コミュニケーション戦略を「ウェブ」に大きく舵を切る。今年4月に就任した島田新社長は、同月行った決算説明会で「高収益体質達成に向けた正念場となる年」と抱負を語り、ここ数年の広告先行戦略から収益確保に向けた戦略を進める。

Continue reading

服のアウトレットECの現状は? 各社差別化路線で成長持続

1-1.jpg
ファッション商材のアウトレットEC市場が活況だ。売り上げ規模の大きい実店舗のアウトレットモールに飽和感も漂う中、ネット上にアウトレット品の売り場を構えるファッションEC専業のほとんどがプロパー(定価)品を販売する通販サイトも運営しているため、取引先のアパレル企業は手間をかけずに在庫を処分できたり、リアルではリーチできない消費者とのタッチポイントとしても活用しているようだ。一方、店舗閉鎖が続くアパレル業界では各商品の生産量自体を絞っており、少ない在庫をリアルのモールや、規模を拡大しているフラッシュセールサイトと奪い合うなど、事業環境としては逆風も吹いているが、アウトレットECを手がける各社は、あの手この手で差別化を図り、成長を続けている。特徴のある3つのアウトレットサイトの現状と成長戦略を見ていく。

Continue reading

丸井 PBを軸にオムニ加速、試着店舗で顧客接点を拡大

011.jpg 丸井は、プライベートブランド(PB)を軸にしたオムニチャネル戦略で成果を上げている。消費者がリアルとネットを行き来しやすい環境を整備するだけでなく、試着専用の"売らないお店"をスタートするなど、オムニ時代をけん引する企業の代表格となっている。最近では、KDDIグループとの協業で仮想モール「Wowma!(ワウマ)」にも出店し、EC独自の強化策にも積極的だ。首都圏を中心に実店舗を構える大手小売りのオムニ化の基本戦略や、ウェブ展開について見ていく。

Continue reading

機能性表示食品制度で「変わる勢力図」

 1-1.jpg機能性表示食品制度が始まって2年、届出の公表件数は900件に迫る。数では、四半世紀で許可件数1200件にとどまるトクホを年内にも凌ぐ勢いだ。新制度を上手く活用して業績を伸ばす企業も現れ始め、早くも市場の勢力図は変わり始めている。だが、制度を活用する一部の企業では当初の期待感とは裏腹に、諦観めいた空気も流れている。明暗を分ける機能性表示食品の"ポテンシャル"はどこにあるのか。

Continue reading

進む物流作業のロボット導入、MonotaRO新拠点で154台導入、作業効率が従来拠点の3倍に

1.jpg
増え続ける受注量や品ぞろえとともに増加する商品の入出荷作業をいかに効率的に、また、柔軟にさばくことができるかは通販事業者にとっては非常に重要でかつ永遠の課題とも言える。そんな中で、注目されてきているのが"ロボット"の活用だ。人が担っていた作業を機械で任せ、効率化や省人化を図ることができる利点から様々な通販企業が自らの物流拠点にロボットを導入し始めている。電動工具や物流用品などのBtoB通販を行うMonotaROも新たに稼働を始めた物流拠点に最新鋭のロボットを導入した1社だ。同センターのロボット活用の状況と狙いを見ていく。

Continue reading

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

全ての記事一覧

Home > 特集企画 Archive

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ