Home > 特集企画 Archive

特集企画 Archive

健食の"健康被害問題"が浮上 「プエラリア」の危害急増 販売中止、表示改善相次ぐ

1-1.jpg
健康食品の"健康被害問題"が注目されつつある。バストアップなど美容関連のイメージで訴求されてきた健食素材「プエラリア・ミリフィカ」(以下、プエラリア)の危害情報がここ数年で急増していることが明らかになったためだ。情報の発信源は、国民生活センター。今年7月に「プエラリア」による危害情報を公表して以降、行政や消費者団体など各方面に問題が波及。事業者に安全性の確保や品質管理の徹底を求める事態に発展しているためだ。「プエラリア」を契機にした"健康被害問題"は健食全体の問題にまで発展する可能性もある。


Continue reading

ジャンル別通販売上高ランキング 注目分野の通販市場の状況は?

011.jpg 通販新聞社は7月、「第68回通販・通教売上高ランキング調査」を実施し、売上上位300社の売上高ランキングを発表した(1616号参照)。同時に健康食品、化粧品、食品、衣料品といった通販の主力商材別の売上高調査も行った。今回は市場規模が大きく、また強豪がひしめき、今後が注視される「総合通販」「家電」「家具」「BtoB通販」を展開する上位の通販実施企業の直近の売上高を抜粋したランキング表を掲載しつつ、それぞれの通販市場の動向と各プレイヤーの状況について見ていく。


Continue reading

【テレマーケティング売上高調査】 上位30社合計で7.7%増に

 1-1.jpg通販新聞社はこのほど、テレマーケティング事業を行う各社の2016年度売上高を調査した。売上高上位30社の合計は1年前に実施した前回調査と比べて7・7%増加し、9813億7500万円となった。30社のうち6社が2桁で増収しており、2桁減収の企業はなかった。新規案件の獲得や既存業務の拡充などによって多くの企業が堅調に売り上げを伸ばしたようだ。減収している企業も他の業務の縮小や提案不足など本業以外の一時的な要因とみられ、業界全体として好調さをうかがわせる結果となった(=表参照)。

Continue reading

ベルーナ、若年層取り込み強化 ネット販売が拡大 「ゾゾ」意識し他社商品販売も

1-1.jpg
ベルーナの2018年3月期連結業績は、売上高は前期比9・5%増の1600億円、営業利益は同19・5%増の130億円を見込む。同社では、前期からスタートした3カ年の経営企画において、19年3月期の売上高目標を1600億円、営業利益目標を160億円としていたが、売上高については1年前倒しで今期中に達成する見通しだ。前期は主力の総合通販事業も増収増益となるなど好調を維持する同社だが、その理由はどこにあるのか。

Continue reading

機能性表示食品の広告問題 「葛の花」販売企業を〝一斉聴取〟 課徴金調査で処分不可避か

011.jpg 機能性表示食品に対する初の行政処分が不可避の状況だ。東洋新薬がOEM供給する「葛の花由来イソフラボン」を含む機能性表示食品の広告問題は今年5月、スギ薬局の「お詫び社告」で浮上(本紙1609号既報)。消費者庁は調査の有無を明言していないが、7月下旬、「課徴金」に関する調査を始めたとみられ、大詰めを迎えている。制度開始から2年。"表示解禁"と逆行する取締り強化に舵を切る消費者庁の狙いはどこにあるのか。

Continue reading

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

全ての記事一覧

Home > 特集企画 Archive

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ