Home > 特集企画 Archive

特集企画 Archive

【コールセンター売上高調査】上位30社で市場規模8.8%拡大

 1-1.jpg通販新聞社はこのほど、テレマーケティングなどコールセンター事業を行う企業の2017年度売上高を調査した。今回は前年調査より順位を5社拡大。上位35社の合計売上高は1兆771億7800万円となった。上位30社で前年調査と比較すると合計売上高は1兆678億4500万円で、前年比8・8%増加した。人手不足を背景に企業のアウトソーシングニーズが高まっており、商機を捉えた企業が業績を拡大したもよう。2桁増収の企業も多く市場規模を押し上げている(=右表参照)。





 上位35社の合計売上高は1兆771億7800万円。2桁増収の企業は11社だった。
 35社の中から、上位や通販系コールセンターなど注目企業の状況を見ていく。


Continue reading

第70回通販・通教売上高ランキング<上位300社・本紙調査> 3年で7兆円台到達、9.3%増と高い伸び率

1-1.jpg
 通販新聞社が7月に実施した「第70回通販・通教売上高ランキング調査」によると、上位300社の合計売上高は7兆1912億円と7兆円を超えた。ネット販売企業の躍進が続いており、伸び率は昨年同時期と比べ9・3%増と過去5年間で最も高い。一方で値上げなど宅配便の問題も表面化し、今後の市場成長には課題も立ちはだかる。(3面に「表の見方」、4面に関連記事)
表は週刊通販新聞本紙で掲載した1~300位までの売上高ランキングの中から上位10位のみを掲載。11位~300 位および、利益率・増収率ランキングなどは本紙のみに掲載しておりす。 「通販新聞」の購読はこちらをご覧下さい

Continue reading

豪雨被害 通販各社の支援の輪広がる 売上寄付や義援金、支援物質など

1-1.jpg
 西日本を中心に各地で大きな被害をもたらせた西日本豪雨で被災した地域への支援の輪が通販実施企業の間で広がり始めている。各社が実施している被災地への支援策などについて見ていく。

Continue reading

夏物戦略商品、売れ行きよく<大手通販各社の夏の売れ筋は?> 今夏商戦の状況は「まずまず」

1-1.jpg
 空梅雨などに伴う猛暑の影響もあってか、大手通販各社では夏物商品の売れ行きがここにきて伸びているようだ。汗対策のインナーや暑い季節でも楽な履き心地になるように工夫したパンツなどが各社で好調だという。天候不順が続き、夏商戦の出足は苦戦を強いられた企業も少なくなかったようだが、各社とも猛暑を追い風にしつつ、さらに戦略商品に絞ったプロモーションなどの販促施策の強化が奏功しているようだ。現状の各社の売れ筋商品と今夏商戦の状況などをみていく。

Continue reading

高まる「ブランド毀損リスク」<運用型広告の穴とは> "ヘイトサイト"に広告載ることも

1-1.jpg
 通販会社にとって欠かすことのできないネット広告。最近は自社で出稿先を選ぶ「純広告」のシェアは減り、「運用型広告」が一般的になっており、「どこに出すか」ではなく「どんな人に広告を見せるか」が最重要視されている。そんな中で、自社のポリシーに反した内容の記事や、ヘイトスピーチのような反社会的なコンテンツが載っているサイトに広告が表示されてしまう問題が起きている。自社のブランドを守るにはどうすべきか。「ブランドセーフティー」にまつわる問題を追った。

Continue reading

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

全ての記事一覧

Home > 特集企画 Archive

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ