Home > 特集企画 Archive

特集企画 Archive

団体訴訟制度導入から10年 適格消費者団体の「正体」、問われる適格性、背景に「生協」の存在

1-3.jpg
 適格消費者団体(以下、適格団体)の存在感が増している。その要求は、「法令違反」の指摘にとどまらず、違法性の有無を問わない「消費者視点」の観点からも行われる。最近では、景品表示法の処分企業を対象にクラスアクション(集団)訴訟を視野に入れたとみられる動きをみせる団体も現れ始めた(本紙1639号既報)。だが、消費者庁から与えられた権限を背景に強権をふるう適格団体に対し、その適格性を問う声が上がっている。その運営は、生活協同組合(以下、生協)への依存なくして成り立たないためだ。

Continue reading

AIが通販を"お助け"

 1-1-1.jpg昨今、なにかと話題のAI(人工知能)。日常生活やビジネスの現場などさまざまなシーンでの実用化が進んでいる。そうした中、通販の領域ではどのような役割を果たしていくのだろうか。フルフィルメントの作業工程や、サイト上での売り方、あるいは顧客からの問い合わせなどで今、AIが通販のお助け役となりつつある。最新のAI活用事例を見ていく。

Continue reading

インスタ映え商品の開発 拡散力生む〝付加価値〟で差別化、商品の魅力を「SNS体験」で伝える

 プロモーションにおける"SNS"の重要性が増している。写真投稿SNS「インスタグラム」を通じて商品が拡散する"インスタ映え"に象徴されるもの。インスタへの投稿、拡散を狙った「インスタ映え商品」の開発に力を入れる企業も現れ始めている。ただ、拡散力のある投稿を促すには、商品を通じて"良い顧客体験"を得てもらうことが不可欠。各社が取り組む「インスタ映え商品」の開発を見ていく。

Continue reading

楽天の「楽天市場」 スマホに適した商品ページへ、チャット試験導入し画像の扱いも変更

1-2.jpg
 楽天がスマートフォンからの閲覧により適した商品ページへと変えるための施策を打ち出す。スマホ経由の注文が主流となり、楽天市場の象徴でもあった「画像を大量に使い、縦にスクロールさせる長大な商品ページ」による販促がやりにくくなったことが背景にある。同社では、チャットを試験的に導入し、ユーザーに情報を伝えやすくするほか、ガイドラインを設けて「商品画像に書き込むテキスト」の量を減らすよう店舗に要請する。



Continue reading

KDDIの「ワウマ」 〝三太郎の日〟効果で認知拡大、値下げ奏功し店舗数は倍増

1-2jpg.jpg
 KDDIがDeNAとモバオクから「DeNAショッピング」「auショッピングモール」事業を買収し、仮想モール「Wowma!(ワウマ)」として2017年1月に再スタートを切ってから1年が経過した。3月には料金プランの大幅な値下げを公表し、出店者取り込みに本腰を入れた。さらには、携帯電話キャリアならではの集客策も展開した。ワウマはネット販売企業にとって新たな選択肢となったのか。この1年の取り組みを探る。





Continue reading

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

全ての記事一覧

Home > 特集企画 Archive

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ