Home > 特集企画 Archive

特集企画 Archive

高まる「ブランド毀損リスク」<運用型広告の穴とは> "ヘイトサイト"に広告載ることも

1-1.jpg
 通販会社にとって欠かすことのできないネット広告。最近は自社で出稿先を選ぶ「純広告」のシェアは減り、「運用型広告」が一般的になっており、「どこに出すか」ではなく「どんな人に広告を見せるか」が最重要視されている。そんな中で、自社のポリシーに反した内容の記事や、ヘイトスピーチのような反社会的なコンテンツが載っているサイトに広告が表示されてしまう問題が起きている。自社のブランドを守るにはどうすべきか。「ブランドセーフティー」にまつわる問題を追った。

Continue reading

100~200円の上げ幅に<主要企業の送料改定は?> 昨秋~4月がピークだが今後も

1-11.jpg 宅配便各社の運賃値上げから、通販企業の顧客に求める送料を改定する動きが続いている。ヤマト運輸や佐川急便が値上げに踏み切った昨年秋から、日本郵便の今年3月の値上げ後の年度変わりとなる4月までに多くの企業が改定し100~200円程度上げたところが多い。さらに7月に値上げを予定している通販企業も少なくない。宅配便大手3社は、現状も値上げ交渉を必要とする取引先が残されていることなどもあり、今後も暫く送料改訂を迫られる通販企業が相次ぐと見られる。

Continue reading

消費者庁、また景表法で調査 「機能性」大量処分の悪夢再び、「グラブリジン」の根拠問題視

1-10.jpg 機能性表示食品制度が剣ヶ峰に立っている。昨年11月、消費者庁による16社の大量違反処分に続き、またも機能性表示食品に景品表示法違反を予定しているからだ。今回は届出表示の「科学的根拠」を問題視しており、制度の信頼性が根底から揺らぎかねない。相次ぐ摘発に企業側も嫌気がさしており、利用を見送る動きも強まりそう。安倍首相の肝いりで消費者庁が創設した表示の新制度が、同じく消費者庁の徹底した誇大表示の取締りを受け、存在意義を問われる局面にさらされている。


Continue reading

衣料品ECモール、PBで独自色

1-1.jpg
 ファッションECモール運営企業によるプライベートブランド(PB)の取り組みが活発化している。PBを手がける理由は各社によって異なるものの、近年は各ECモールの品ぞろえが同質化してきたこともあり、割引クーポンなどサービス競争による顧客の獲得合戦が激化している。ECモールに出店するアパレルブランドや消費者にとって各モールの特色は大事で、商品面の差別化は顧客がECモールを選ぶ際のポイントにもなり得る。PB商品に取り組むECモールの現状と戦略を見ていく。

Continue reading

【再春館製薬所が描く成長戦略】 「ドモ」依存から脱却へ、グループで成長基盤を構築

1-1.jpg
 再春館製薬所が事業構造の改革に乗り出している。2016年度(17年3月期)を初年度とする中期経営計画を策定。「ドモホルンリンクル」依存型の経営から脱却し、グループで新たな成長基盤を築く。中計策定は、同社にとって初めてとなるもの。背景にはグループ経営体制の確立に向けた取り組みを通じ、「人」と「組織」の成長を図る側面もある。20年度にグループ売上高370億円を計画。顧客の応対品質など化粧品通販で培った"らしさ"を追求しつつ、変革に挑む。

Continue reading

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

全ての記事一覧

Home > 特集企画 Archive

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ