Home > 特集企画 Archive

特集企画 Archive

衣料品ECモールが挑む古着販売

1-1.jpg
 衣料品EC市場では、品ぞろえや利便性などを強みにファッションECモールが市場拡大に引き続き貢献しているが、主戦場である新品の市場に加え、一定の成長が見込まれる古着市場(二次流通)に打って出るモール運営企業が増えている。二次流通は「メルカリ」に代表される個人間取引きのフリマアプリが急拡大していることもあり、以前に比べて古着・中古に対する消費者の心理的ハードルは下がっている。一方で、衣料品に限らず商品の調達面で苦戦する企業が出てくるなど二次流通ならではの難しさもあるようだ。ファッションECモール運営各社が挑む古着販売の戦略や現状について見ていく。

Continue reading

ヤマト 夜間専門1万人を──キャパ拡大しネット販売に対応

 1-1.jpgヤマトホールディングスは、夕方から夜間にかけての配達を専門に行うドライバーを2019年度までに1万人雇用する。現在配達業務を行っているセールスドライバーなどの労働環境改善に向けた取り組みで、宅急便は18年度まで取扱量を抑制するが、19年度以降は新たな配達専門のドライバーのネットワーク構築などにより成長が続くネット販売市場へ対応するため集配のキャパシティ拡大へ転換する。デリバリー事業を担うヤマト運輸が10月1日に宅急便の基本運賃を値上げし、同時に大口約1000との値上げ交渉も8割以上で進展していることを受けて、働き方改革やデリバリー事業の構造改革に本格的に取り組んでいく。

Continue reading

本紙調査・2016年のTV通販市場は? 主要上位の30社売上合計、4%増の5472億円と市場拡大

DSC07984.JPG本紙が調査した2016年度(2016年6月~2017年5月)のテレビ通販実施企業の主要上位30社の売上高合計は前回調査比4.7%増の5472億円だった(※編集部注:10位のGSTVのテレビ通販売上高を9月28日発行の通販新聞紙面で記載した数字から変更いたしました。そのため30社合計売上高も変更しています)。市場全体としては横ばい傾向が続いていることは変わらないものの、市場をけん引する上位勢の"攻め"の戦略が奏功する形で業績を好調に伸ばしたことなどから市場全体の成長に貢献したようだ。とはいえ、減収に転じる企業も目立っており、16年度は明暗が分かれる結果となった。注目すべき事業者の動向を振り返りつつ、16年度のテレビ通販市場の動きを見ていく。(写真はジャパネットたかたの都内のスタジオでの番組収録の様子)

Continue reading

「月刊ネット販売調べ」2016年度のネット販売市場 上位300社で3兆6322億円

011.jpg11.7%拡大、アマゾンが独走

 本紙姉妹誌「月刊ネット販売」による売上高調査「ネット販売白書」の結果では、2016年度のネット販売実施企業上位300社の合計売上高は3兆6322億円となった。前年調査の3兆2522億円に比べて11・7%拡大。今回もアマゾンジャパンが2位以下の企業を大きく引き離してトップとなり、ネット販売市場をけん引する格好となっている。(9月25日発売の「月刊ネット販売」10月号「第17回ネット販売白書」に300社の売上高ランキングと商材別市場解説を掲載)

Continue reading

【仮想モールの出店者支援】 流通額を底上げせよ 

1-1.jpg 仮想モールにとって出店者支援は重要課題。中期経営計画において、国内ECの成長再加速を掲げる楽天では、「楽天市場」において有名店が他店を指導する企画を開始、流通総額底上げを狙う。一方、BASEの「BASE」では、若年層の購入チャネルが、ウェブからアプリにシフトしていることを踏まえ、アプリコンテンツを拡充することで集客力を強化する。

Continue reading

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

全ての記事一覧

Home > 特集企画 Archive

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ