Home > 特集企画 Archive

特集企画 Archive

衣料品ECモール各社 EC支援事業で独自色、モールに次ぐ収益の柱に

1-1.jpg
 ファッションECモール運営各社は、アパレルブランドなどの自社通販サイトを構築したり、販促や物流面をフォローするEC支援事業に本腰を入れている。ファッションECの取扱高では「ゾゾタウン」が他のモールを大きく引き離しているが、第2ラウンドの舞台となるEC支援事業で大きくリードする企業はない。各社とも自社の強みを生かした独自路線を打ち出しており、今後、どのモールが主導権を握るかに注目が集まる。当該サービスの事業環境や各社の戦略を見ていく。

Continue reading

アマゾンが音声ECを外部の事業者に解禁、進むか?"声でネット販売"<

1-1.jpg
 「○○(商品名)を注文して」。パソコンやスマートフォンなどのデバイスを操作することなく、"声"で買い物ができる環境が急速に整いつつある。アマゾンジャパンが独自開発した人工知能(AI)の「アレクサ」を搭載したAIスピーカー「アマゾンエコー」を介して、商品を注文して決済まで完結できる仕組みを自社のECだけでなく、いよいよ外部の企業にも解禁。すでに複数のネット販売実施企業が対応し、音声ショッピングへの挑戦を開始している。音声によるECのこれからとは。

Continue reading

忍びよる"言葉狩り"の影<だいにち堂、消費者庁を提訴> 健食表示規制、左右する訴訟に

1-1.jpg
 「目の健康」に関する健康食品の表示をめぐり、だいにち堂が行政処分の取り消しを求め消費者庁を提訴した。一般的に、行政訴訟における国の勝率は9割。対するだいにち堂は、年間売上高わずか10億円ほどの企業。公権力に抗う中小企業の姿勢を、諦観を持ってみる関係者は少なくない。だが、この訴訟は「対岸の火事」ではない。国の勝訴は、イメージ訴求してきた健食の取締り容認を意味し、今後の健食市場の表示規制を大きく左右するからだ。訴訟の背後には、消費者庁がすでに着手する新たな"言葉狩り"の影もちらついている。

Continue reading

認知アップ、新客獲得に次の一手<通販発のファッションブランド、攻勢へ>

1-1.jpg
 通販専業社が手掛ける「通販発のファッションブランド」が攻勢を見せている。オットーが展開する「ファビア」はテレビCMを含めた大規模なプロモーションを展開し認知度アップを図っている。また、ディノス・セシールのディノス事業が展開する「ダーマ」は初の実店舗の開設などでリアルでの新規顧客獲得を強化している。ファッション分野では特にオムニチャネル化が進み、様々なブランドが通販に挑む中、通販発のファッションブランドが逆に通販を強みとしながらどこまで市場で存在感を示せるか。行方が注目されそうだ。


Continue reading

「月刊ネット販売調べ」2017年度のネット販売市場規模 上位300社で4兆556億円

1-1.jpg
前回調査比11.7%増、首位はアマゾン

 本紙姉妹誌「月刊ネット販売」で行った売上高調査「ネット販売白書」では、2017年度のネット販売実施企業上位300社の合計売上高が4兆556億円となった。前年調査の3兆6322億円に比べて11・7%拡大しており、前年に続きアマゾンジャパンが2位以下に大差をつけて首位を獲得した。(9月25日発売の「月刊ネット販売」10月号「第18回ネット販売白書」に300社の売上高ランキングと商材別市場解説を掲載→購入はこちら


Continue reading

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

全ての記事一覧

Home > 特集企画 Archive

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ