Home > 特集企画 Archive

特集企画 Archive

【本紙聞き取り調査】 2016年の通販市場は『上向く』、半数以上が明るい見通し

 1-1.jpg「2016年の通販市場は上向きに」──。本紙が通販実施企業を対象に実施した「2016年の見通しと展望」に関する聞き取り調査によると、回答企業の半数以上が「2016年の通販市場の景況感」について上向きになるとの見方を示した。「横ばい」などの回答を含めると8割の企業が今年の見通しについて概ねポジティブにとらえているよう。ネット通販の拡大や海外観光客の旺盛なインバウンド消費が市場拡大を後押しすると見ているようだ。一方で足元は「暖冬」の影響で苦戦しているところも多いようだ。

Continue reading

Eコマース業界のキーマンが語る今後の通販市場 「お客様のオムニ化に対応する」

1-1.jpg
化粧品通販のドクターシーラボで長らくEコマース事業を含めたネットマーケティング戦略を担当・統括してきた西井敏恭氏(写真㊨)と、良品計画でネットと店舗をつなぐスマホアプリ「MUJIパスポート」を立ち上げるなどウェブ戦略を担う中心人物であった奥谷孝司氏(同㊧)というEコマース業界で多くの実績を残し、また、知名度も高い2人のキーマンがともに食品EC大手のオイシックスに参画、タッグを組んで同社の事業拡大に取り組んでいる。Eコマースを熟知した両氏が描くオムニチャネル戦略とは。また、通販企業が目指すべきEコマースの方向性とは。(聞き手は本紙編集長・鹿野利幸、記者・兼子沙弥子)

Continue reading

第65回通販・通教売上高ランキング、上位300社、市場規模は4.4%増

111.jpg
通販新聞社が2015年12月に実施した「第65回通販・通教売上高ランキング」調査によると、上位300社の合計売上高は14年12月調査時と比べ4・4%増の5兆8916億9400万円となった。伸び率は前年同期調査時の8・8%増から低下。また上位200社までの合計売上高は5兆2846億4400万円、伸び率が4・4%増だった。(※表は週刊通販新聞本紙で掲載した1~300位までの売上高ランキングの中から上位10位のみを掲載。11位~300 位および、利益率・増収率ランキングなどは本紙のみに掲載しております。 「通販新聞」の購読はこちらご覧下さい)


Continue reading

読者が選ぶ2015年通販業界10大ニュース 機能性表示や中国市場に注目

011.jpg 消費増税に翻弄された前年とは打って変わり、「機能性表示食品制度」の開始や中国をはじめとする「越境EC」の隆盛など、新たな販売機会の創出に沸いた2015年の通販業界。市場規模が右肩上がりで成長する中で顧客の利便性向上に向けたサービスも相次いで投入されており、物流関連では「即時配送」が注目のキーワドとなるなど競争環境も一段と激しさを増している。今年1年間に通販業界で起きた主な出来事を読者と共に振り返ってみた。


Continue reading

化粧品通販大手の店舗戦略、販売力強化のポイントは?

 1-2.jpg化粧品通販大手2社が店舗の拡大戦略を打ち出している。ファンケルは国内に170店舗、オルビスは同112店舗を展開。店舗売上高はオルビスが約25%、ファンケルが約30%に達しており、重要な位置づけとなっている。ここ数年108店舗前後を適正な数と捉え、年間2~3店を出店するもののスクラップアンドビルドを行ってきたオルビスは、年間5店舗の出店を計画。できる限り純増とし、3年後に120店舗体制の構築を視野に入れる。一方のファンケルは、3年後にほぼ倍層となる350店舗体制を構想。来期末までに89店舗の出店を計画している。各社の店舗戦略を追った。

Continue reading

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

全ての記事一覧

Home > 特集企画 Archive

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ