Home > 特集企画 Archive

特集企画 Archive

生鮮品の通販、有力各社の戦略は 差別化のカギは"配送力"にあり、早朝配送・細かな時間指定などに対応

1-1.jpg アマゾンジャパンによる本格参入やセブン&アイ・ホールディングスがアスクルとタッグを組んで新たな事業を開始するなど、ここに来て目まぐるしい動きをみせる生鮮食品通販。強力なプレイヤーの参戦により、これまで以上にシェア争いが激化していきそう。無論、商品力や価格なども重要なポイントといえようが、もう1つ、競合他社との差別化のための重要な要素になるのが配送サービスだ。日常生活に深く根差した生鮮品という商材であるがゆえに他の商材よりも配送の利便性が当該サービスを選択するための決め手となり得る重要なポイントとなるためだ。注目すべき食品通販各社が展開する配送サービスについてみていく。

Continue reading

主要各社、冬物の立ち上がりは? 冷え込み奏功で出足は順調、衣料品・寝具など売れ行きよく

 主要通販各社の冬物商品の立ち上がりは堅調に推移しているようだ。このところの冷え込みなども奏功してか、高機能インナーや裏起毛の防寒着、ダウンジャケットなどの冬物衣料品のほか、羽毛布団などの寝具、暖房器具も動きがよく、前年よりも売れ行きを伸ばすところも多いようだ。大手通販実施企業各社の冬商戦のこれまでの出足の状況などについてみていく。


Continue reading

【健康食品 包囲網】安全対策で大幅規制へ、企業不在の議論に過剰規制の恐れ

消費者庁厚労省.pngトクホや機能性表示食品を含む「健康食品」の製造・販売が大幅に規制される可能性が出てきた。11月15日、厚生労働省が食品衛生法改正に向けた懇談会の「取りまとめ」の中で、健食の安全対策を打ち出してきたためだ。ただ、その内容は事業者にとって寝耳に水のものばかり。わずか5回、企業不在の懇談会で、業界を左右する健食の安全対策の方針が決められようとしている。過剰規制となる恐れもあることから事業者の反発は必至の状況だ。

Continue reading

機能性食品、初処分の衝撃、大量処分に動揺広がる

 能性表示食品に初となる措置命令が行われて1週間、業界に動揺が広がっている。消費者庁は11月7日、葛の花由来イソフラボンを含む機能性表示食品(以下、葛の花)を販売する16社を一斉処分。「飲むだけで痩せる」と受け取れる広告を「優良誤認」と判断した。届出表示を逸脱した広告は、事業者側のうかつさもある。ただ、食品で16社に及ぶ大量処分は初めて。制度は成長戦略の一環として始まったものだが、信頼を揺るがす事態に発展している。規制に舵を切る消費者庁に事業者からは困惑の声も上がる。

Continue reading

千趣会が挑むリアル展開 インテリアを通販の中核に、"専門店化"へ初の実店舗

1-1.jpg 千趣会は、来期(2018年12月期)からスタートする3カ年の新中期経営計画で従来型の総合通販の看板を下ろし、"専門店集積型"のビジネスモデル確立を目指す。専門店のひとつとして、3カ年で通販事業ベルメゾンの中核に強化するのが雑貨を含めたインテリアカテゴリーだ。11月1日には大阪に同社初となるインテリアの実店舗を本格オープンするとともに、新規事業のグルメスタジオを併設して新たな顧客接点の場を設けた。千趣会再成長の象徴とも言える同ショップの戦略とは。


Continue reading

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

全ての記事一覧

Home > 特集企画 Archive

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ