Home > 特集企画 Archive

特集企画 Archive

機能性表示食品制度で「変わる勢力図」

 1-1.jpg機能性表示食品制度が始まって2年、届出の公表件数は900件に迫る。数では、四半世紀で許可件数1200件にとどまるトクホを年内にも凌ぐ勢いだ。新制度を上手く活用して業績を伸ばす企業も現れ始め、早くも市場の勢力図は変わり始めている。だが、制度を活用する一部の企業では当初の期待感とは裏腹に、諦観めいた空気も流れている。明暗を分ける機能性表示食品の"ポテンシャル"はどこにあるのか。

Continue reading

進む物流作業のロボット導入、MonotaRO新拠点で154台導入、作業効率が従来拠点の3倍に

1.jpg
増え続ける受注量や品ぞろえとともに増加する商品の入出荷作業をいかに効率的に、また、柔軟にさばくことができるかは通販事業者にとっては非常に重要でかつ永遠の課題とも言える。そんな中で、注目されてきているのが"ロボット"の活用だ。人が担っていた作業を機械で任せ、効率化や省人化を図ることができる利点から様々な通販企業が自らの物流拠点にロボットを導入し始めている。電動工具や物流用品などのBtoB通販を行うMonotaROも新たに稼働を始めた物流拠点に最新鋭のロボットを導入した1社だ。同センターのロボット活用の状況と狙いを見ていく。

Continue reading

宅配便の再配達削減へ 荷主サイドが配送業務改善、受取手段の多様化進展に

001.jpg 通販企業や大手仮想モールが宅配便の再配達削減に向け動きを見せ始めた。宅配便の2割が再配達となっている状況や、ヤマト運輸の運賃値上げ問題に端を発した配送サービスの見直しから、通販企業など荷主サイドの配送業務改善で、再配達削減や顧客視点に立った受取手段の取り組みが求められるようになったのに対応。これまでのようなスピード配送を競う通販企業の流れに変化をもたらす可能性が出てきそうだ。

Continue reading

有力通販各社の店舗戦略、狙いと成果は?

 1-1.jpg実店舗を持たず、これまでカタログなどでの通販に軸足を置いてきた有力通販各社が相次いで店舗に注力し始めている。それぞれで狙いや思惑が異なるようだ。注目すべき動きを見せる有力通販各社の店舗戦略の狙いとその効果について見ていく。

Continue reading

成功するインスタグラムの通販活用、商機は"画像"にあり

1-1.jpg
企業の販促に画像共有SNS「インスタグラム」を使うケースが増えている。商品画像などを投稿するというシンプルな形が多いが、ユーザーの共感を呼び情報拡散のきっかけになっているようだ。広告のようにコストをかけず、アイデア次第で多くのユーザーにリーチできるという意味では他のソーシャルメディアと同じ。しかし"画像訴求"という点で消費者に刺さりやすく、ツイッターやフェイスブックとは一線を画す。すでにインスタ活用で成果をあげる企業も出てきている。

Continue reading

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

全ての記事一覧

Home > 特集企画 Archive

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ