Home > 特集企画 Archive

特集企画 Archive

「見て試して買う」を推進

1-1.jpg
 「興味があるが手に取って確かめることができない」「"良さそう"でも知らないモノに手を出すのは不安」。店舗を持たない通販特有の1つの課題として商品を直接、見たり触ったりできないという点がある。これらを払しょくすべく、通販実施各社では様々な試みを進めている。顧客と商品との直接的な接点を作り、不安を払しょくし新規顧客獲得や商品購入につなげている各社の取り組みを見てみる。

Continue reading

"ダメ出し"からヒット誕生<顧客の声に向き合う>

1-1.jpg
消費者目線の商品開発を行う上で、欠かすことができない材料となるのが企業に寄せられる顧客からの声だ。中には既存のサービス・商品に対する厳しい指摘や不満といったネガティブな意見も多いだろう。しかし、そうした声を正しく消化することで、人気商品の開発ヒントにつなげることができた事例もある。通販企業にとってはサイトやSNS、アプリ、電話など様々なチャネルを通じて顧客と密接なコミュニケーションが取れる時代となっている。顧客の不満と正しく向き合う各社の手法を探った。

Continue reading

ケフィア事業振興会が破産 被害1000億円超えも

1-2.jpg ケフィア事業振興会と関連3社が9月3日、東京地裁に破産を申し立てた。負債総額は4社で1053億円。債権者は3万人超に上る。同社をめぐっては、「オーナー制度」と呼ぶ買戻し特約付の売買契約の支払いが遅延していたことから問題が顕在化。すでに被害対策弁護団が結成されている。ただ、会員数はグループで200万人超に上ることから被害総額は1000億円に達する可能性もある。通販で過去最大の被害となる事件は、業界への影響も懸念される。

Continue reading

本紙調査・2017年のTV通販市場は? 6%増の5792億円まで拡大 

1-2.jpg
 本紙が調査した2017年度(2017年6月~2018年5月)のテレビ通販実施企業の主要上位30社の売上高合計は前回調査比6・2%増の5792億円だった。市場全体は横ばいまたは微増傾向であることは変わらないが、市場をけん引する通販専門局2社が着実に売り上げを拡大させていることに加え、在京キー局各社も堅調な伸びをみせていることなどが市場全体の拡大につながったよう。注目すべき事業者の動向を振り返りつつ、17年度のテレビ通販市場を見ていく。

Continue reading

通販各社の地域貢献活動、狙いは?

 有店舗小売業者のように店舗周辺地域など特定のエリアによらず、全国でビジネス展開を行う通販事業者だが、意外にも本社事務所や物流センターがある地域で地域社会に貢献するような活動を積極的に行う事業者は少なくない。無店舗販売であるがゆえのある意味での「顔の見えにくさ」を払しょくし、地域での活動を通じて企業の長期的な成長にとって不可欠とも言える"安心感"や"知名度"を高めたい狙いなどもあるようだ。注目すべき各社の取り組みを見ていく。

Continue reading

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

全ての記事一覧

Home > 特集企画 Archive

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ