Home > 特集企画 Archive

特集企画 Archive

通販新聞のウェブサイトはリニューアルいたしました

通販新聞のウェブサイトはリニューアルいたしました。
新サイトはこちらまで
https://www.tsuhanshimbun.com/


消費者庁「反論書面」から発覚 「4・13事務連絡」再来か、個別表現挙げ「目」を暗示

1-1.jpg
 だいにち堂が消費者庁を相手取り、行政処分の取り消しを求めた訴訟は10月31日、東京地裁で第1回公判が開かれた。だいにち堂は、処分当初から消費者庁の景品表示法運用が「恣意的」であると指摘。一方の消費者庁は、処分は妥当として争う姿勢を示した。注目すべきは、消費者庁が反論書面でアイケア関連の健康食品の広告に使った個別表現や商品名をあげ、目の健康に対する"暗示"を指摘していること。訴訟の結果は健食業界に大きな影響を及ぼす可能性がある。

Continue reading

LINEアカウントの統合が波紋、新プラン適用で値上げの企業も

 
1-1-1.jpg
LINEが法人向けアカウントを統合する。新料金プランは通数課金となるため友だち(LINEのフォロワー)を多く抱え、頻繁にメッセージをプッシュ配信している企業は、これまでどおりの運用では大幅な値上げになる可能性がある。通販実施企業の中には顧客の接点としてLINEアカウントを活用しているところも少なくない。値上げを避けてメッセージの配信頻度を減らすと、今度はLINE経由の売り上げに悪影響を及ぼしかねない。"統合後"に向けて何らかの対策が求められそうだ。



Continue reading

ジャパネット処分で注目、公取協の実態 処分背景に「脱退」の影響は

1-10.jpg 消費者庁は今年10月、家電通販大手のジャパネットたかたに景品表示法に基づく措置命令を下した。販売するエアコンや4Kテレビで不当な二重価格表示を行い、「有利誤認」と認定された。違反内容はジャパネットも認めており、妥当といえるもの。ただ、処分で改めて注目されるのが、「公正取引協議会」の存在だ。というのも、ジャパネットは、処分の対象になった表示を行う直前、家電製品の販売をめぐる公取協を脱退していたためだ。



Continue reading

楽天西友ネットスーパーが本格始動 センター出荷併用で黒字へ

 
1-1.jpg
楽天と西友が共同で立ち上げたネットスーパー「楽天西友ネットスーパー」が10月25日、本格始動した。西友実店舗からの配送だけではなく、新たに立ち上げた千葉県柏市のネットスーパー専用センターと、都内数カ所の配送拠点を活用した配送も始める。アマゾンジャパンやセブン&アイホールディングス(HD)など競合も多い中で、楽天と西友が手掛けるネットスーパーの強みとは。

Continue reading

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

全ての記事一覧

Home > 特集企画 Archive

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ