Home > 商品政策 Archive

商品政策 Archive

ブルックス 高級豆のコーヒー発売

8-3.jpg
 コーヒーや茶葉などの通販事業を行うブルックスは10月22日、高級豆をコットン100%のネルフィルターで抽出するドリップバッグコーヒーを発売した。ネルフィルターを使用したドリップバッグコーヒーは他社になく、業界のトップブランドとして他社との差別化を図る狙い。家庭で手軽に本格的なコーヒーを味わうことができる特別感を訴求し、コーヒーにこだわる本物志向の人をターゲットに新規客層への認知度向上を目指す。

 発売したのは「コーヒーマニア プレミアム」で、2アイテムを展開する。さわやかな酸味と甘みのマイルドな味わいが特徴の「ハワイコナ・エクストラファンシー」と、酸味やコク、苦みのバランスが良い「ブルーマウンテン・ナンバーワン」を投入した。税込価格は1296円となる。

 商品コンセプトは「自分で淹れる、だからプレミアム」で、コーヒーを入れる時間から癒し体験を提供することを目指した。コーヒー文化の成熟とともに、コーヒーを抽出する「特別感」が薄れていると分析し、コーヒーの新しい価値の提案につなげる。

 「コーヒーマニア プレミアム」は、生豆を直輸入し自社で焙煎して製造するサプライチェーンを持つ強みを生かして開発した。最高級グレードの豆を厳選して調達し、ドリップバッグ1つに15グラムを使用した。生豆は時間をかけて直火焙煎することで豆の個性を引き出すよう工夫。豆の表皮を取り除きながら豆を挽くことで雑味のない味わいを実現した。

 コーヒーの抽出は、コットン100%のネルフィルターで行う。ネルドリップは専門店などで採用される抽出方法だが、ネルの管理に手間がかかるため家庭で使用するにはハードルが高かった。使い切りのネルドリップバッグを独自開発し、本物の味わいを家庭で実現できるようにした。

 専門店の本格的なコーヒーを知る人や本物志向の人がターゲット。来年10月の創立50周年に先駆けて、本物志向の製品を投入することで、ブランドを構築したい考え。これまで同社はドリップバッグコーヒー36種類を展開し、日常的な需要に対応してきた。新商品は2003年に発売した創業35周年記念商品「コーヒーマニア コク深焙煎」の上位ブランドとして提案していく。

 10月19日に新商品発表イベントを都内で開催した。小川社長が登壇し「ネルドリップによるなめらかな口当たりが特徴。来年の創立50周年に向けて、集大成となるハイエンドコーヒーが完成した。これまでのノウハウを活かして家庭で簡単に本物を味わえる」とあいさつした。


千趣会 キャラおせちの受注好調

10-1.jpg
 千趣会は、8月24日にスタートしたキャラクターおせちの予約申し込みが順調だ。早期割引キャンペーンの実施や他社ECモールでの販売もあり、とくにディズニーおせちシリーズは10月中旬時点で目標販売数の半分を受注したという。

 同社が展開する2017年版のキャラクターおせちは9商品で、そのうちシリーズ11年目となるディズニーおせちは6型を販売。三世代向けに「ディズニー和風プレミアム四段重」(税込3万5000円)、ファミリー向けに「ディズニーツムツム三段重」(同2万4500円)と「ディズニーツムツム特段重」(同2万900円)、大人女子向けに「くまのプーさん三段重」(同2万4500円)と「ディズニープリンセス三段重」(同2万4500円)、SF映画「スター・ウォーズ」ファンに「スター・ウォーズ三段重」(同2万5900円)を提案する。

 ディズニーおせち6商品は、ディズニー社の栄養成分に関するガイドラインに則して味付けや食材などを変更したという。これまで除外されていたおせちが同ガイドラインに適用されたため、"減塩"で"ライトカロリー"なおせちとしてリニューアル。基準に適合した食品に付けられるマーク「ディズニー・チェック」を販促やパッケージに使用していく。

 また、今回からお重を包む風呂敷の素材も、従来の化学繊維から綿100%に変更し、おせちを食べた後はテーブルクロスなどとして再利用できるようにした。

 ディズニー以外のキャラクターおせちでは、ムーミン限定デザインの重箱に入った北欧イメージの洋風おせち「ムーミン・二段重」(同税込2万4900円)と、京都発の人気テキスタイルブランド「SOU・SOU(ソウソウ)」の白木の重箱に入った和風の伝統おせち「SOU・SOU・三段重」(同2万4900円)、ウェブ販売限定の「ハローキティ三段重」(同1万9900円)の3商品を販売する。

 おせちは昨年からネット限定で早期割引キャンペーンを実施し、購入の後押しとなっていることから、今年は過去のおせち購入者に同キャンペーンを告知している。

 販売チャネルは、自社通販サイト「ベルメゾンネット」とカタログに加えて外部のECモールも活用。アマゾン内の「ディズニーファンタジーショップ」や「ベルメゾンネット」ヤフー店で販売するほか、新たに「ロハコ」内の「ベルメゾンロハコストア」でも扱う。

 割引キャンペーンや他社モールでの露出もあって予約数量は順調で、とくにディズニーツムツムの特段重と三段重の人気が高いようだ。

 おせちの配送は12月29~30日で、宅配業者の繁忙期と重なるため、数量を大幅に増やせないこともあって売り上げは例年と同様の2億円を計画している。


Tポイント・ジャパン、三陸カキの加工品を発売

 
8-1.jpg
ポイントプログラムを運営するTポイント・ジャパンは10月5日から、三陸のカキを使った加工食品を発売した。Tカードが保有するビッグデータを活用したプロジェクトの第1弾。ビッグデータを活用して抽出した食にこだわりがあるTカード会員が開発に参加した。商品を販売するヤフーは、ビッグデータを活用して、関心のあるターゲットをセグメントして販促を行う。各商品それぞれ初回製造分2000セットの完売を目指す。

 発売したのは3アイテム。「カレーとガーリック味の大きなカキフライ」と「パセリとチーズ味の大きなカキフライ」(各商品の税別価格は1480円)。カキの大きさと濃厚な味を生かした味付けとし、衣を薄くしたことでカキのうま味を味わえるようにした。「カキとバジルのオイル漬け」(同1280円)は、贅沢にカットしてぷくぷくとした食感を味わえるように工夫。パスタソースやサラダなどのアレンジができる味付けが特徴となる。

 商品開発は、昨年11月に立ち上げた「Tカードみんなのソーシャルプロジェクト」が実施した。社会的課題を、Tカードを使って解決することを目的とする。6000万人超の会員データや40億件の購買データ、175社の提携先を持つ強みを生かして、地域共生を目指す試みとなる。

 第1弾となる今回は三陸のカキを使って商品開発を実施。Tカード会員の中から、「魚介好きで食にこだわりがある人」として55万人を抽出。応募があった565万人の中から、20~60代の会社員や料理研究家、専業主婦など男女9人を選んだ。対象者の抽出は、Tカードのビッグデータを使って独自の手法で行った。

 商品開発に携わった9人のTカード会員は、三陸のカキの生産者を訪問して、カキ剥きや洗浄、パッキングなどの商品化までの工程の視察と、カキ剥きの体験を行った上でレシピを考案。13のレシピの中から、メニューの馴染みやすさや、消費者の購入しやすさを考慮して3アイテムを商品化した。

 商品開発中はTカード会員30人を招いた試食会やプロモーションセッションを行ったほか、Tカード会員1000人を対象としたアンケート調査を実施した。食の知見を持つ対象者の抽出に、Tカードのビッグデータを活用したという。

 商品はヤフーの東北の生産者支援モール「東北エールマーケット」や、マルエツ、ヤオマサ、マミーマートのスーパーで販売。ヤフーはプロモーション施策でビッグデータを活用する考えで、購買履歴や閲覧履歴などを解析して抽出した魚介好きをターゲットに販促を行う。また、ディスプレイ広告やメルマガなどを活用して、幅広く需要を喚起する考え。このほか、開発に参加した9人が主導してSNSで情報を発信するほか、開催するイベントなどで試食の機会を用意して認知度の向上を目指す。

 商品開発に参加した三陸の水産業団体「フィッシャーマン・ジャパン」は10月5日の商品発表会に登壇した。「生産者だけでは難しかった、消費者が求めている商品の開発に期待した。カキは冬のイメージが定着しているが、春のカキの味の良さをアピールしたい」(フィッシャーマン・ジャパン)とあいさつした。

dazzy 初のコラボブランド展開、GACKTさんプロデュース

 8-1.jpgアパレルのネット販売を行うdazzyは、女性向けパーティドレスの新ブランドを立ち上げた。アーティストのGACKTさんがプロデュースしたもので、同社にとってコラボブランドは初。20~30代の女性をターゲットに新規客獲得を強化するほか、休眠客の興味喚起につなげたい考え。9月27日に予約販売を開始し、定期的に販促していく。


 展開するのは「マーガレットノクターン」。ブランド名に"無垢な少女"と"夜の黒"の意味を持たせ、女性の二面性を表現していく。

 ラインアップは黒のドレスを中心に展開する。前はシンプルとしながらも背中が大胆に開いたデザインや、レースを使って素肌を見せたデザインのドレスを展開する。

 価格帯は5000~2万円。同社のラインアップにおいて、高額ラインとなる。

 GACKTさんを起用した理由については、女性の支持があり、女性の気持ちに理解があるとする。着用するアクセサリーやボトムス、ブーツなどを自身でデザインしており、衣装へのこだわりがあることも起用の決め手となった。これまで、着用モデルとしてタレントやモデルを起用した実績があったが、今回のコラボブランドの取り扱いは初めて。

 9月27日に開催した新ブランドの発表会で、GACKTさんは「横にいるだけで男性がドキドキするイメージを大事にした。女性の二面性が共存したドレスを作った」とコメント。パーティ以外にも、食事やバーなど夜のシーンでの着用を提案していく。

 9月27日に予約販売を開始。「GACKTさんプロデュース」のドレスとして訴求し、購買意欲を喚起する。ウェブ広告や自社通販サイトなどで販促を行う考え。下井社長は「ラインが美しく、華やかさもある。誰にでも似合うデザインになっている」とした。


アンファー 「ホルモン」に着目した健食 30~40代向け、売上高30億円計画

8-1.jpg
アンファーは9月20日、ヘルスケアの新ブランドの展開を始めた。ホルモンの状態を理解して正しく対処するセルフメディケーションを提案するもの。「何となく不調」と感じる30~40代の男女をターゲットに、サプリメント12商品をラインアップする。自社通販のほか、手に取りやすいコンビニでも取り扱い、顧客との接点を広げていく。目標売上高は初年度が7億円、2020年は30億円を計画する。

発売したのは「Dou(ドウ)」。ホルモンの状態を理解して対応するセルフメディケーションを「ホルモンマネジメント」として提唱する。医師や研究機関など専門チームと連携して開発し、身体や心、性の根本ケアを目的とするもの。9月20日の記者発表会で叶屋宏一専務(写真㊧)は「日本のホルモンケアの市場規模は2~3億円と小さい。商品を拡充し、カテゴリーリーダーを目指す」とあいさつした。

 品ぞろえは12商品で、活力サポートや睡眠サポート、妊活サポートなどの目的別に8つのカテゴリー別にラインアップしている。

 主力商品はパーフェクトケアを目的とする「AS10」。NASAとの共同開発技術を採用し、ビタミンEやレスベラトロールなど10種の抗酸化成分を配合した。30日分の税込価格は1万800円。

 「Dou」はコンビニエンスストアの「ファミリーマート」や「サークルKサンクス」でも販売する。価格を気にせずに購入する消費者が多く、値崩れしにくいと判断した。ドリンクタイプの男性向けテストフェン「ダンホル」と、女性向けプラセンタ「ジョホリッチ」のほか、分包タイプのサプリメントを展開する。飲みきりサイズで低単価で販売することで、購入機会を増やしたい考え。

 発売に伴い、テレビCMの放送を開始した。「Dou AS10 最近調子どう」篇(15秒)と、「Dou AS10 バランスがメッシ大事」篇(15秒)を全国で放送。プロサッカー選手のリオネル・メッシ選手を起用して、"調子どう?"とメッセージを発信する。

 独自調査で、働き盛りの男女の60%が何らかの不調を実感。不調に対応したいができていない人は60%だった。自社メディアを通じて情報を発信し需要を喚起する。「病院に行くほどではない不調を見過ごさずに対処してもらい、健康寿命の延伸につなげたい」(叶屋専務)とした。

 今後、ITテクノロジーを使って、状態や症状をチェックできる仕組みを導入するほか、他社との共同開発を行う予定。サプリメントは機能性食品としての届け出も視野に入れる。ホルモンに着目した衣料品やコスメなどライフスタイル商材へと品ぞろえを広げる。25年には売上高100億円を目指す。

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

全ての記事一覧

Home > 商品政策 Archive

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ