Home > 商品政策 Archive

商品政策 Archive

アンファー 「ホルモン」に着目した健食 30~40代向け、売上高30億円計画

8-1.jpg
アンファーは9月20日、ヘルスケアの新ブランドの展開を始めた。ホルモンの状態を理解して正しく対処するセルフメディケーションを提案するもの。「何となく不調」と感じる30~40代の男女をターゲットに、サプリメント12商品をラインアップする。自社通販のほか、手に取りやすいコンビニでも取り扱い、顧客との接点を広げていく。目標売上高は初年度が7億円、2020年は30億円を計画する。

発売したのは「Dou(ドウ)」。ホルモンの状態を理解して対応するセルフメディケーションを「ホルモンマネジメント」として提唱する。医師や研究機関など専門チームと連携して開発し、身体や心、性の根本ケアを目的とするもの。9月20日の記者発表会で叶屋宏一専務(写真㊧)は「日本のホルモンケアの市場規模は2~3億円と小さい。商品を拡充し、カテゴリーリーダーを目指す」とあいさつした。

 品ぞろえは12商品で、活力サポートや睡眠サポート、妊活サポートなどの目的別に8つのカテゴリー別にラインアップしている。

 主力商品はパーフェクトケアを目的とする「AS10」。NASAとの共同開発技術を採用し、ビタミンEやレスベラトロールなど10種の抗酸化成分を配合した。30日分の税込価格は1万800円。

 「Dou」はコンビニエンスストアの「ファミリーマート」や「サークルKサンクス」でも販売する。価格を気にせずに購入する消費者が多く、値崩れしにくいと判断した。ドリンクタイプの男性向けテストフェン「ダンホル」と、女性向けプラセンタ「ジョホリッチ」のほか、分包タイプのサプリメントを展開する。飲みきりサイズで低単価で販売することで、購入機会を増やしたい考え。

 発売に伴い、テレビCMの放送を開始した。「Dou AS10 最近調子どう」篇(15秒)と、「Dou AS10 バランスがメッシ大事」篇(15秒)を全国で放送。プロサッカー選手のリオネル・メッシ選手を起用して、"調子どう?"とメッセージを発信する。

 独自調査で、働き盛りの男女の60%が何らかの不調を実感。不調に対応したいができていない人は60%だった。自社メディアを通じて情報を発信し需要を喚起する。「病院に行くほどではない不調を見過ごさずに対処してもらい、健康寿命の延伸につなげたい」(叶屋専務)とした。

 今後、ITテクノロジーを使って、状態や症状をチェックできる仕組みを導入するほか、他社との共同開発を行う予定。サプリメントは機能性食品としての届け出も視野に入れる。ホルモンに着目した衣料品やコスメなどライフスタイル商材へと品ぞろえを広げる。25年には売上高100億円を目指す。

ドクターシーラボ 11月からOTC薬発売へ、連動するサプリも投入

 ドクターシーラボは11月にも同社初のOTC医薬品を発売し、通販展開を始める。しみやそばかすの改善に効果があるというビタミンCタブレットを投入する計画。さらに同時期にビタミンCのサプリメントも発売する予定で、ビタミンCの有効性を訴求する販促を仕掛け、両商品の拡販を図るほか、現在、販売に注力しており、売れ行きも好調なビタミンCを配合した化粧品「VC100」シリーズの拡販にもつなげていく。来夏までに加齢や肌の悩みに対応するOTC医薬品を3商品程度、発売する計画。効果効能を訴求しやすい薬を軸に連動する健食や化粧品を合わせて発売または訴求し、売り上げの底上げを図っていきたい狙いもあるようだ。

 11月をメドに発売するOTC医薬品はビタミンCタブレット「VCピュア2000」。しみやそばかすの緩和に効果があるという第3種医薬品でまずは通販で販売を始める。同社では当初、前期(2017年7月期)中にも「ニキビ」や「美白」などスキンケア関連や加齢に伴う尿漏れをケアする医薬品の投入を計画していたようだが、発売時期は遅れ、また、発売する商品もまずは過去に販売実績がある安全性の高いものにしたようだ。なお、OTC医薬品の販売は当初、年商30~50億円程度のOTC医薬品メーカーを買収した上で、自社グループで製造販売する計画としていたが、結局、買収は行わず、外部メーカーによるOEMで製造するもようだ。

 OTC薬「VCピュア2000」の発売と同時期にビタミンC配合のサプリメントも発売する計画だ。類似品との差別化のため、超微細な球状のカプセルにビタミンCを閉じ込めることで体内への吸収性を高める「リポソーム」と呼ばれる技術を施した水で溶かして服用するタイプになるよう。価格は30包入りで8000円程度とするようだ。なお、OTC薬「VCピュア2000」の価格に関しては明らかにしていないが「サプリメントよりはるかに安い価格」(石原智美社長)とするもよう。

 OTC薬とサプリメントの発売を機に「美容・健康のためのビタミンCの有効性」を訴求するプロモーションを積極化し、前期から新たな収益の柱に育てようと広告宣伝の強化や新商品の投入を行うなど拡販に注力し、売れ行きも伸び始めているビタミンC配合の化粧品「VC100」シリーズの拡販にもつなげる狙いのようだ。

 同社がOTC医薬品を販売するのは初めて。化粧品や健康食品は機能性の訴求が簡単ではないが医薬品であれば直接的な訴求が可能であり、また、薬を軸にしたプロモーションで連動する健康食品や化粧品の訴求力を高められ、クロスセルによる客単価の引き上げや休眠客の再顧客化を促進させる狙いもあるようだ。「医薬品だけでなく、(連動する)サプリメントも両方、準備していく。ずっと薬を飲み続けたいという人だけではない。薬を飲み、改善してきたら、その後はサプリでフォローするとか。最初はサプリを使って様子をみて、『もっと直したい』と思われれば薬にするなどお客様の目的に合わせた商品を提供して体の中からも外からも美しさや健康のお手伝いしていきたい」(同)とする。

 「VCピュア2000」の発売を皮切りにOTC薬は今期(2018年7月)までに「あと2~3商品の発売を検討している」(石原社長)とした上で、「通信販売のお客様に親和性が高いような商品、例えば化粧品と一緒に使うことでお客様の悩みをいち早く解決できるような医薬品」(同)を投入していく考えのようで具体的には肌の悩みに対応するようなものや、加齢に伴う尿漏れに効果があるという販売中のサプリメント「モレスト」などの健康食品などと連携できるようなものを想定しているようだ。その後もOTC薬のラインアップを拡充していく考えで、ある程度の規模が出てきた段階で当初に予定していた「(製薬メーカーや医薬品ブランドの)買収も視野に入れていく」(石原社長)としている。

リゲッタカヌー  アトムのコラボサンダル発売へ、通販企業への卸も

8-1.jpg 「『アトム』『ブラックジャック』とのコラボサンダルはいかが」――。靴・サンダルの企画販売を行うリゲッタカヌーは来春にも、手塚治虫さんが生み出した漫画・アニメに登場する人気キャラクターをイメージしたデザインのサンダルの販売を始める。来年の手塚治虫さんの生誕90周年に合わせ拡販を強化する意向で、百貨店などの有店舗小売業者のほか、有力通販事業者への卸販売も行う計画で1万足程度の販売を見込んでいるようだ。

Continue reading

ファンケルとダイドードリンコ、「緑茶」を共同開発

8888.jpg
ファンケルとダイドードリンコが共同開発した緑茶飲料を販売する。昨年11月に発売した「はとむぎブレンド茶」が好調だったことから第2弾として展開するもの。ダイドーでは、ファンケルのブランド力を活かし、より大きな"緑茶市場"の開拓を目指す。ファンケルは、ダイドーの販売ルートを通じ、「カロリミット」ブランドの認知を図る。

新商品は、機能性表示食品として届出を行った「大人のカロリミット 玉露仕立て緑茶プラス」(1本500ミリリットル、税込151円)。「難消化性デキストリン」を機能性関与成分として配合。「食事から摂取した糖や脂肪の吸収を抑える」といった機能を表示する。

 2社は昨年11月、機能性表示食品「大人のカロリミット はとむぎブレンド茶」を共同開発。ファンケルとしては初めて他社へのブランドライセンスの提供を行い、ダイドーの販売ルートを活かした展開を始めていた。ダイドーは、ファンケルの持つブランド力を活かし、健康関連分野で事業基盤の構築を図ることが狙いだった。

 商品の改廃が激しい飲料市場において、「はとむぎブレンド茶」は、約8カ月で2000万本を販売。女性客を中心に支持を得て好調なことから第2弾商品の展開に至った。

 茶系飲料(ペットボトル)の市場は、「緑茶」が約5000億円、「烏龍茶」と「麦茶」がそれぞれ約1000億円、「その他」が1500億円ほどあるとされる。ダイドーでは、「カロリミット」のブランド力で差別化を図りつつ、緑茶でより幅広い顧客層に訴求。最大ボリュームの市場を開拓する。

 商品には、「大人のカロリミット」にも配合するギムネマシルベスタ、桑の葉、鳩龍緑茶、ブラックジンジャーなど4種の素材を配合して機能性も追求。一方でギムネマは独特の苦みを持つため、おいしさにもこだわり、焙煎や蒸すなどの加工を行った9種の茶葉などをブレンドした。

 ダイドーが9月18日から主に量販店で、ファンケルが10月20日から通販や直営店で展開する。ただ、ダイドーの飲料事業の売り上げの約80%は自動販売機によるもの。業界平均の30%を上回り、全国に28万台を展開する自販機に依存する。このため、自販機での展開につながるかがカギになる。

 「はとむぎブレンド茶」では量販店のほかに自販機でも展開。主にオフィス内の自販機で展開するなど、展開場所を選び導入を行っていた。「はとむぎブレンド茶」も継続して販売。シリーズで年間(17年1月~18年1月)100万ケースの販売を目指す。

千趣会 秋冬の主力商材を販売開始、売上4割以上アップを目標

081.jpg 千趣会は、綿混発熱インナー「ホットコット」と、肌触りにこだわった寝具やインテリア小物などの「とろけるようなシリーズ」を今秋冬シーズンの販売強化商材とする。展開アイテム数や売り場を増やすほか、生産体制を強化して臨むことで、「ホットコット」の販売目標は昨年秋冬の約100万枚(9億3000万円)に対して今秋冬は128万枚(13億2000万円)、「とろけるようなシリーズ」は昨年の12万枚(4億8000万円)から今秋冬は16万枚(7億1000万円)を目指す。

 「ホットコット」は、これまで一貫して天然素材である綿を使用して肌への優しさにこだわり、2011年の発売開始以来、シリーズ累計657万枚を販売した秋冬の主力商品だ。昨年からは綿そのものに吸湿発熱機能を持たせた独自開発の糸を使用。綿混紡率95%の素材を作っており、財団法人ボーケン品質評価機構の温度測定試験では化学繊維の発熱インナーと比べて「ホットコット」は0・7度暖かいという結果が出ているほか、購入者アンケートでは「ホットコット」を着用した人の92・3%が「かゆくない」「チクチクしない」と回答。ほかにも、81・1%が「ムレにくさ」を実感するなど、インナーとしての暖かさだけでなく、肌への優しさで好評を得ているという。

082.jpg 今秋冬では、新モデルとして家での生活をより快適にすることを目的とした「カップ入りくつろぎ長袖インナー」や、さらに綿の良さを追求した綿100%の「プレミアムホットコット」を8月18日から販売。暖かさや肌への優しさ、着回しにこだわったアイテムを昨年の38型から今秋冬は50型以上を展開する。

 また、実店舗での販売も強化。昨年も展開した輸入雑貨店の「プラザ」と「ミニプラ」では10月中旬から取り扱いを開始するほか、新たに大丸と松坂屋でも11月上旬からの販売が決まった。

 一方の「とろけるようなシリーズ」は、肌触りにこだわった文字通り"とろけるような"触感を楽しめるインテリア・ファブリックの商品群で、極細マイクロファイバー素材を使用し、糸の細さを一般品よりも細くすることで、想像以上に滑らかな肌触りを実現しているという。利用者からも冬に欠かせない商品として高い評価を得ており、11年の販売開始以来、ロングヒットしている。

 「とろけるようなシリーズ」は8月30日から通販チャネルで販売を開始するが、10月下旬には「プラザ」で店舗限定商品のネックウォーマーとミニバッグを展開する。

 今秋冬では、さらに極上な肌触りに仕立てた「とろけるようなプレミアムシリーズ」を投入。従来の極細マイクロファイバーをさらに細かくし、レーヨン・機能繊維を加えたことで、滑らかさと柔らかさを高めた。同時に、吸湿発熱糸と静電気防止糸を編み込むことで、暖かさはもちろん、静電気による不快感を軽減。快適性も増した商品へとバージョンアップし、9月26日から通販サイトで販売を始める。

 千趣会では、「ホットコット」と「とろけるようなシリーズ」の販促も積極的に展開。雑誌や全国紙の新聞に広告出稿を計画するほか、女性専用車両で交通広告も展開する計画だ。加えて、実需期には商品の暖かさを体験してもらうイベントやサンプリングなども企画しているという。

 また、両商品とも昨年は売り切れが続出するなど生産面に課題があったため、今年は在庫を従来以上に確保するとともに、迅速に追加発注できる仕組みを整えて臨む。

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

全ての記事一覧

Home > 商品政策 Archive

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ