Home > 商品政策 > TSI ECストラテジー 韓国ブランドの販売開始、20代の新客開拓を強化

TSI ECストラテジー 韓国ブランドの販売開始、20代の新客開拓を強化

8-1.jpg
 TSIホールディングス傘下のTSIECストラテジーは11月13日、グループ商材を横断的に扱うモール型の通販サイト「ミックスドットトウキョウ」で、日本初上陸となる韓国のファッションブランド「rolarola(ロラロラ)」(=画像)の販売を始めた。グループ外ブランドの取り扱いはニューヨーク発のバッグブランド「ステイト」に続く第2弾で、新規客の開拓を図る。

 同社はグループEC戦略のけん引役としてブランド単位で展開するO2Oサイトを強化し、戦略的にモール型の「ミックスドット」から各O2Oサイトに顧客を移してオムニ化と自社ECの成長につなげてきた。

 一方、「ミックスドット」の今後の役割を模索する中で今年3月、テスト的に「ステイト」の販売を開始。外部ブランドを扱うことで通販サイトの価値向上を目指すとともに、30代半ばから40代が中心の「ミックスドット」会員の買い回りを期待していた。実際には、「ステイト」商品購入者の90%程度が新規客で、しかも20代の女性が多かったことから、若い層をさらに取り込むことが「ミックスドット」の活性化にもつながると判断し、第2弾ブランドを探していた。

 昨今、韓国のファッションブランドを参考にして服を買う若い女性が増えていることから、同社も韓国ブランドに注目してきたが、商品の細部までこだわり、ブランディングもしっかりしている「ロラロラ」の取り扱いを決めた。

 「ロラロラ」は昨年5月にスタートした、ヘルシーで楽しく、ハッピーな人生を求める女の子に向けたブランドで、セーラーカラーやカラフルなアイテムが人気だ。韓国ガールズグループのTWICEや少女時代などのメンバーが着用して話題になっているという。

 商品はデイリーウエアとフィットネスウエア、スイムウエアを展開しており、「ミックスドット」では今秋冬のデイリーウエアの新作を中心にフィットネスウエアも販売。約50品番で始動する。販売開始から10日間は全品10%オフのキャンペーンも展開する。

 「ロラロラ」秋冬商品の価格帯はデイリーウエアのトップスが9000円~1万2000円、ワンピースが1万円~1万7000円、パンツ・スカートが9000円~1万2000円、小物が1500円~8000円。フィットネスウエアはトップスが9000円~1万2000円、ボトムスが8000円~1万2000円となる。

 同社は日本版のブランドサイトも運営。展開商品はすべて買い取っており、自社ブランドと同様にすぐに発送できるようにしている。モデル着用画像やシーズンのルックブックなどは韓国側から提供してもらうが、追加画像の撮影や商品説明文などは同社のチームで行う。

 また、「ロラロラ」はフィットネスウエアも充実していることから、今後はグループで扱うフィットネス系アイテムを集めた特集企画なども展開したい考えだ。

 プロモーションについては、11月中旬以降に無料エンタメ情報紙「TOKYO HEADLINE」のウェブ版で、12月には紙面でも「ロラロラ」の特集を掲出する。加えて、同ブランドはSNSとの親和性も高いことから、今後はSNS活用をベースにした若年層へのリーチも検討しているようだ。

 なお、TSIECストラテジーでは韓国のファッションブランドから支持されているECプラットフォーム「cafe24」の導入に関して検討を開始。同プラットフォームを採用することで、すでに利用している韓国ブランドとデータ連携による取り引きが可能になることから、「ロラロラ」の販売状況を見極めた上で、「cafe24」の導入についても判断することになりそうだ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4548
Listed below are links to weblogs that reference
TSI ECストラテジー 韓国ブランドの販売開始、20代の新客開拓を強化 from 通販新聞

Home > 商品政策 > TSI ECストラテジー 韓国ブランドの販売開始、20代の新客開拓を強化

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ