Home > 媒体研究(紙・電波) > 千趣会 グルメの通販冊子を発刊、SNS映えや時短グルメで自家需要を開拓へ

千趣会 グルメの通販冊子を発刊、SNS映えや時短グルメで自家需要を開拓へ

4-11.jpg
 千趣会は8月30日、グルメカテゴリーで自家需要の開拓を狙った通販冊子「あなたの知らないベルメゾングルメ」(タブロイド判・8ページ、配布予定数15万部)を新たに発刊した。食品の通販市場は堅調な伸びを示しているが、同社ベルメゾン会員のグルメ購入者は2割程度にとどまっていることから、当該領域の認知を図るとともに、休眠客の掘り起しにつなげる。

 今回、同冊子を主管したギフト事業部のグルメチームは、中元・歳暮や母の日、父の日、おせち(※ディズニーおせちを除く)用の通販冊子などを展開しており、中元・歳暮といった儀礼ギフトは一定の売り上げ規模があるものの、同市場は縮小傾向にあり、今期(2018年12月期)からは自家需要の開拓を強化する。

 新媒体はフルタイムで働く女性や、健康に気を使いながらも美味しいものを食べたい女性などをターゲットとし、第1号では47点を掲載。巻頭では、ワケありのお買い得スイーツが盛り付け方やトッピングをアレンジするだけでSNS映えするオシャスイーツ企画を展開する(画像)。

 中面では通販サイトでユーザー評価が高いスイーツとパンの特集に加え、子持ちや働く女性向けの時短グルメ、ファミリー向けに大容量のグルメなどを、終面では大阪の老舗焼き肉店「大同門」による牛の部位食べ比べセットなどを提案する。

 これまで、通販サイト「ベルメゾンネット」のグルメカテゴリーは幅広い品ぞろえを重視し、目的がはっきりしたユーザーには都合が良かったが、ふらっと訪れた人には探しづらい部分もあったため、今回、ウェブで評価の高いグルメなどを紙媒体として展開することで訴求力を高めるとともに、グルメ商材の認知拡大も図る。

 「あなたの知らないベルメゾングルメ」の第2号は10月26日の発刊を計画。東京・大田市場で扱う果物や、年末の需要をにらんだカニなどを販売する予定で、バイヤーなどが取材した内容も盛り込み、売り手が見えるように工夫する。

 来期の発刊計画は未定だが、「あなたの知らないベルメゾングルメ」はターゲット層に即した品ぞろえとしつつも、第2号まではテストも含めやや商材の幅が広いようで、今後の購買動向を見極めながら、ページ構成やMDを修正し、19年度は少なくとも隔月で発刊できるようにしたい意向だ。

 千趣会は中期経営計画で専門店集積型の事業モデルを推進中で、グルメも強化領域として期待しており、ギフト事業部のグルメチームではスイーツや健康にもメリットがある食品、チルドや冷凍で届ける安心・安全の惣菜などを強化することで自家需要を開拓する。加えて、ベルメゾンオリジナル商品の開発にも着手し、他社のグルメ商材と比べて優位性のあるアイテムを展開したい考え。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4457
Listed below are links to weblogs that reference
千趣会 グルメの通販冊子を発刊、SNS映えや時短グルメで自家需要を開拓へ from 通販新聞

Home > 媒体研究(紙・電波) > 千趣会 グルメの通販冊子を発刊、SNS映えや時短グルメで自家需要を開拓へ

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ