Home > フルフィルメント > スクロール 茨城県内に物流センターを新設

スクロール 茨城県内に物流センターを新設

 スクロールは8月29日、茨城県つくばみらい市に物流センターを新設すると発表した。関東圏に物流センターを設けるのは初めて。既存の浜松市・大阪市のセンターとあわせて、全国3大拠点の物流ネットワークを構築する。

 新たな物流センターの名称は「スクロールロジスティクスセンターみらい(仮称)」。開業は2020年4月を予定している。敷地面積は1万4976平方メートル、延べ床面積は約3万平方メートル。地上5階建てで投資額は約60億円となっている。

 新センターの建設により、ソリューション事業を手掛ける子会社スクロール360が展開する、通販事業者向け物流受託事業において、顧客企業における物流コスト低減、事業成長、配送リードタイム短縮、物流拠点の多極化によるBCP(事業継続計画)対策など、顧客企業からのニーズへの対応と新たなマーケティング支援が可能になるとしている。

 新センターには、当日入出荷ができる「クロスドックエリア」や、受注問い合せ処理やコールセンター機能を持たせた「インテリジェントエリア」を設けたほか、化粧品製造やささげ機能にも対応。スクロール360が提供するコンビニ受取りサービス「コトリ」の仕分け機能も配備している。

 これまでスクロール360は、浜松市内と磐田市内の物流センターで物流受託事業を行ってきたが、スクロールがミネルヴァ・ホールディングス(現ナチュラム)を買収したことで、グループとしては大阪市内にも物流センターを保有している。

 スクロールの鶴見知久社長は、今年2月の本紙インタビューで「これまで、本州の真ん中にある浜松市から出荷できることが強みとなっていたが、当日・翌日配送が当たり前になった今の状況を考えると、1拠点体制ではクライアントのニーズをすべて満たすことができない」などと述べていた。今後は3拠点で事業を展開し、さらなる拡大を狙う。また、3拠点間のシステム連携を図り、物流コストとリードタイムの最適化などのサービス改善を進める。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4453
Listed below are links to weblogs that reference
スクロール 茨城県内に物流センターを新設 from 通販新聞

Home > フルフィルメント > スクロール 茨城県内に物流センターを新設

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ