Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > 【有力企業の通販戦略 キャラアニ】 アニメグッズで女性開拓、リアルイベント参加も積極化

【有力企業の通販戦略 キャラアニ】 アニメグッズで女性開拓、リアルイベント参加も積極化

5-1.jpg
 KADOKAWAグループでアニメ関連グッズやCD・DVDの通販などを手がけるキャラアニでは、前期のEC売上高がプラス成長するなど好調に推移している。

 同社の2018年3月期の通販売上高は前年比約5%増の83億3600万円。売り上げをけん引したのはテレビアニメ「名探偵コナン」のグッズ販売で、1万円を超えるようなスケールフィギュアや特典付き商品などが20~30代の女性を中心に好調だった。サイト内での送料無料企画とアニメの映画公開のタイミングが重なったこともあり、例年にはない売り上げを記録。加えて、昨年からは通販サイト内でショップインショップのような形で人気コンテンツごとにページを作り込んで展開したこともあって、外部からの顧客を集客することもできたようだ。

 一部の人気コンテンツの商品に関しては動画配信サイトの「ニコニコ動画」と連携して、ユーザーIDを持つ顧客のみを対象とした限定商品を販売することなども実施して集客を図った。

 さらに、一昨年前から販売を開始した女性ファンを多く抱えるコンテンツについては、登場キャラクターをモチーフにしたコスメ商品の売り上げが好調となり、結果的に昨年度は女性の顧客比率が3~4割程度を占めるようになるなど、以前までの男性中心とは違った層を開拓できている。

 物流では配送コストの上昇に伴い、8月1日より送料を140円値上げ。1カ月前から告知を進めていたこともあって、客足の離反などにはつながっていないもよう。

 昨年度からはリアルイベントでの露出にも力を入れている。従来からの都市部でのアニメ関連イベントだけでなく、原作の舞台となっているような地方で開催されているイベントやアニメの映画祭、アイドルのイベント会場など様々な形でブース出店して、グッズ販売を実施。昨年冬には集英社の雑誌主催のイベント「ジャンプフェスタ」にも初出店して、集英社版権商品の販売も行っている。

 並行して通販サイト上ではイベントと連動した内容の特設ページも展開していき、イベント期間中から終了後までをフォローすることができたという。「会場限定品が特に売れる。イベント参加は物販に加え当社を広める機会にもなる。昨年までは商品を作る部署で参加していたが、今年からは営業が中心になっていく」(同社)とした。

 今後については、自社オリジナル商品の比率拡大を重要課題と挙げている。中でも商品の見せ方として、ブログやSNSなどを使って商品の制作過程の段階から情報を露出して、ファンとのコミュニケーションを図り、完成する前から購買意欲を高めていくような仕掛けを取り入れて行くことも模索している。そのほか、通販サイトの刷新も計画しており、現状で顧客比率が6割程度を占めるスマホ向けをメインとしたユーザーインターフェースのテコ入れなどを図る考え。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4436
Listed below are links to weblogs that reference
【有力企業の通販戦略 キャラアニ】 アニメグッズで女性開拓、リアルイベント参加も積極化 from 通販新聞

Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > 【有力企業の通販戦略 キャラアニ】 アニメグッズで女性開拓、リアルイベント参加も積極化

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ