Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > 楽天 「遠隔スタイリング」を実験、会津大と「イーザッカ」共同で

楽天 「遠隔スタイリング」を実験、会津大と「イーザッカ」共同で

5-1.jpg
 楽天グループの研究開発機関である楽天技術研究所と会津大学の共同研究で、楽天技術研究所が開発した「遠隔スタイリング支援システム」を搭載する電気自動車「リモートファッションコミュニケーションビークル」を用いて、デジタルサイネージ(電子看板)を活用した次世代型の買い物体験を提供する実証実験を、7月23日に行った。

 実証実験は、電気自動車後部に設置するスタイリングルームにユーザーが入り、デジタルサイネージを通じて遠隔でショップ店員がスタイリング提案を行うというもの。ユーザーはデジタルサイネージ上に表示されるQRコードを読み込むことで、気に入った商品を仮想モール「楽天市場」で購入することができる。

 楽天技術研究所では、これまでインターネットを活用した新しい店舗システムのプロトタイプ開発および実店舗での実証実験に取り組んでおり、その研究成果として「遠隔スタイリング支援システム」を開発。研究の一環として、IT技術を用いて地域課題の解決に取り組む会津大学との共同研究を今年5月に開始し、実証実験を行った。

 実施にあたっては、楽天市場に出店するレディースファッション店舗「イーザッカマニアストアーズ」(運営はズーティー)の協力を得るとともに、同店舗と会津大学との議論で挙げられた、「オフラインのショッピング体験における地域的制約(地域によるファッション体験の格差)」、「物理的制約(店舗スペースによる在庫や品揃えの確保の困難)」、「心理的制約(利用客が店員からスタイリング提案される際に感じる不安)」という3つの課題の解決を目指した。また、売り手側の就業環境について、育児や介護の都合で、店頭に出られないスタッフが在宅で勤務できるようにするなど、新しい働き方の実現を図ることも目的としている。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4409
Listed below are links to weblogs that reference
楽天 「遠隔スタイリング」を実験、会津大と「イーザッカ」共同で from 通販新聞

Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > 楽天 「遠隔スタイリング」を実験、会津大と「イーザッカ」共同で

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ