Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > アダストリア おすすめコーデの定期便、販売員などが毎月商品選定、着ない服は返品可能に

アダストリア おすすめコーデの定期便、販売員などが毎月商品選定、着ない服は返品可能に

5-1.jpg
 大手アパレルのアダストリアは7月10日、自社通販サイト「ドットエスティ」で、顧客一人ひとりの趣向に合わせたファッションアイテムを毎月届けるスタイリングサービスのβ版アプリをローンチした。半年後をメドに本格サービス化を予定しており、販売スタッフなどファッションのプロがパーソナルレコメンドすることで顧客満足度を高めるとともに、LTVの向上につなげる狙い。

 新サービスの「ドットスタイリスト」は、20以上のブランドを手がけるアダストリアのノウハウを生かし、顧客が登録した好みのカラーや柄、服のシルエットやサイズなどの情報を元に、同社の社員やプロのスタイリストが顧客ごとにお薦め商品をセレクトして毎月届ける。

 顧客は気に入った商品があればそのまま買い取り、気に入らなかった商品はまとめて返品できる仕組みだ。自宅でゆっくり試着をし、手持ちの服や靴とのコーディネートをチェックしながら商品を選べるため、失敗のない購買体験ができるとしている。代金は購入アイテム分のみで、スタイリング料と送料は無料となる。

 スタイリングの対象ブランドは「グローバルワーク」や「ニコアンド」「ローリーズファーム」「ベイフロー」など同社の人気13ブランドで、1回当たり6点(2~3スタイリング)を届ける。送付時期は、初回は申し込みから2週間程度で、以降は月1回となる。

 サービスを利用するには専用アプリのダウンロードと通販サイト「ドットエスティ」の会員登録が必要で、まずはβ版のため定員を設けて展開。定員に達した場合は順次、案内する。

 同社では仕事や子育てなどで忙しく、買い物の時間を有効に使いたい人や、自分の選ぶ服に飽きを感じて新しい発見を求めている人などをサービス利用者として想定。半年後をメドに本格展開する計画で、メンズについても多くの要望があることから、検討していくという。

 今後、同サービスの利用者が増えた場合、専任スタッフの配置も検討するが、国内1300店舗超にファッションのプロである販売スタッフがいることが強みのため、「販売員の経験やノウハウを活用して顧客一人ひとりの満足度を高めることが差別化の大きな要素になる」(同社)としている。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4399
Listed below are links to weblogs that reference
アダストリア おすすめコーデの定期便、販売員などが毎月商品選定、着ない服は返品可能に from 通販新聞

Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > アダストリア おすすめコーデの定期便、販売員などが毎月商品選定、着ない服は返品可能に

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ