Home > 媒体研究(紙・電波) > BASE 渋谷に常設店開設、出店料だけで利用可能

BASE 渋谷に常設店開設、出店料だけで利用可能

4-1.jpg
 無料で通販サイトが作れるサービス「BASE」を提供するBASEは6月15日、東京・渋谷の「渋谷マルイ」1階に、「BASE」の出店店舗なら誰でもレンタル可能な常設店舗「SHIBUYA BASE」を開設した((上)写真)。

 店舗はマルイ1階の入口付近で、広さは約16平方メートル。衣料品やアクセサリーを販売するネットショップなどの利用を想定する。スタート時には、メンズアパレルのオールユアーズが20日まで出店。アクセサリー販売など、あまり広いスペースが必要ないネットショップの場合は、2店舗が同時に利用することも可能だ。食品を販売することもできるが、食品衛生法の関係上、密封されたものしか扱えない。

 店舗はスペースを借りるにあたり、敷金や礼金は不要なほか、什器やレジなどを準備する必要もない。商品陳列に使う机や棚などの什器は、販売する商品によって高さを変えることも可能だ。7月末までに申し込めば、利用料は1日税込3万5000円と格安に借りることができる。1日だけの利用も可能で、すでに9月末まで予約が埋まっているという。なお、8月以降に申し込んだ際の利用料に関しては未定となっている。

4-2.jpg
 BASEの鶴岡裕太代表取締役((下)写真)は「『どんな素材を使っているか』『どんな人たちが売っているのか』など、オンラインで見た商品を実際にこの目で確認したいという需要が増えており、通販サイトからスタートして店舗を出すという流れが、ここ2~3年で顕著になってきている。『BASE』に出店する規模のネットショップはブランド作りやコミュニティー作りが大事なので、実店舗という観点からもお手伝いしたい」と常設店舗を設けた理由を説明。利用店舗からの反響も大きいことから、消費者の反応も見ながら渋谷以外での出店も考えているという。

 同社では4月、丸井グループと資本業務提携を締結。鶴岡代表取締役は「2社で取り組むことで価格面やサービス面でも利用しやすいものになった。当社だけでは場所を調達するコストがかかるし、丸井だけでは店舗を集めるのにコストがかかる」と提携の成果を強調する。

 出店したオールユアーズは以前からリアルでのイベントに注力しており、試着サンプルを持って車で全国を回るといった取り組みも行っている。4月には東京・池尻大橋に路面店を出店した。同社の大林正隆氏は「池尻大橋に比べると、渋谷の方が消費者も来やすいし、街としての認知度も圧倒的に高い。また、こうした一等地に店を出した経験はないので、どれくらい反応があるのか試してみたかった」と出店の狙いを語る。

 期待する点については「売り上げはもちろんだが、人が多い場所なので、まずブランドを消費者に認知してもらうことが重要」(大林氏)という。「マルイで初めてオールユアーズを知った」という消費者に対しては、店員が実際にスマートフォンで同社通販サイトを見せることで誘導する。大林氏は「QRコードを印刷した紙を渡す方法では、そのまま見ないケースも多いだろうし、その場でサイトを見てもらった方が分かりやすいのではないか。接客に時間はかかるが、実店舗では1対1の交流を大事にすべきだ」と話す。出店にあわせて、通販サイトには商品について詳しく説明したコンテンツも用意した。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4361
Listed below are links to weblogs that reference
BASE 渋谷に常設店開設、出店料だけで利用可能 from 通販新聞

Home > 媒体研究(紙・電波) > BASE 渋谷に常設店開設、出店料だけで利用可能

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ