Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > 【リクルートライフスタイル ポンパレモールの現状と展望㊦】 ポイント基軸に戦略設計、グループサービスとの連動強化

【リクルートライフスタイル ポンパレモールの現状と展望㊦】 ポイント基軸に戦略設計、グループサービスとの連動強化

5-1.jpg
 前号に引き続き、リクルートライフスタイルが運営する仮想モールの「ポンパレモール」における今後の戦略方針と仮想モール市場の行方などについて、運営責任者の山下隆太プロデューサー(写真)に話を聞いた。

          
 ――この5年間を振り返って見えてきた課題とは。

 「顧客目線で言うと、商品数が増えたこともあって欲しい商品に導くための検索機能はまだ強化が必要。ビックワード検索や商品が流行のタイミングで検索される場合に、実際にモール内で売られているにも関わらず検索されにくいケースもあるので、そこは改善していきたい。メルマガについてもモールの推奨商品などを掲載して配信しているが、今後はリクルートIDや購買履歴を元に顧客ごとに沿った情報もバランスよく提示できるようにする。

 出店者目線では、業務負荷の改善は引き続き行いながら、販促支援の仕組みを強化したい。ショップメルマガについてワンクリックで配信できるようにするなど様々なことが考えられる」

 ――これまで、ポンパレモール内で成功している出店者の共通項とは。

 「メルマガ、クーポンの活用に加えて、顧客対応が迅速だったり、誠実であることだと思う。それが結果的にその出店者自体のファン化につながっている印象」

 ――近年は様々な業種が通販市場に参入しているが、その流れをどう受け止めているか。

 「EC自体が基本的にそういう流れなので、それを止めることはまったくないし、むしろECの利用者が増えていけば我々としてもうれしい。その中でメーカーや小売の商材がどこでも買えるという状況を一緒に作ることができればと思う」

 ――各大手仮想モールが勝ち残りに向けて競い合う中で、今後重要になっていくテーマとは。

 「今は様々な消費の場面でポイントが付与されている。我々も(ポンタ)ポイントを大事にしているモールなので、その利用先として選択されるようにすることを一番に考えている。あとは、付与されたタイミングで使いたいと思える提案をできるかが重要になる。保有ポイント数や興味関心、購買状況によってそれぞれ提案の内容は変わってくる。

 例えば顧客がリクルートの各サービスを利用する際に、ポイントを『いつ』『何に使うべきか』という選択肢を広げて、我々は物販という形で色々な商品を提案することだと思う。単に『ポンパレモールで使えるポイント』と言うのではなく、顧客ごとにタイミング良く提案していく精度を上げる必要がある。顧客には『貯める』と『使う』の両面で良い体験と感じてもらえることを意識している」

 ――グループで運営している各種媒体などとの連携を強化するということか。

 「昨年度は(ゴルフ場予約サービスの)『じゃらんゴルフ』とそのクライアントのゴルフ場、出店者のアンファーさんとでコラボ販促企画も行った。今後はさらにポイントが貯まったり、消費できたり、タイミングよく利用できるように、顧客情報を最適化したい」

 ――具体的には。

 「例えば、じゃらんを通じて旅行予約した顧客が『沖縄旅行にいつから行く』という情報はこちらも持つことができるので、今後はそこに向けて水着やトランクなど必要とされそうなトラベルグッズを提案することなども考えられる。現時点でこれを行うことに技術的なハードルがあるわけでなく、リクルートの共通IDから顧客情報は取得できているので、システム的にはすぐにでもできる状態。あとは我々と出店者がどう活用していけるかだと思う」(おわり)


Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4323
Listed below are links to weblogs that reference
【リクルートライフスタイル ポンパレモールの現状と展望㊦】 ポイント基軸に戦略設計、グループサービスとの連動強化 from 通販新聞

Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > 【リクルートライフスタイル ポンパレモールの現状と展望㊦】 ポイント基軸に戦略設計、グループサービスとの連動強化

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ