Home > 商品政策 > 楽天 ビームスとO2O企画、スタッフが商品選定、電子看板をスマホで操作

楽天 ビームスとO2O企画、スタッフが商品選定、電子看板をスマホで操作

5-12.jpg
 楽天とセレクトショップ運営のビームスは5月23日から、両社がコラボレーションしたO2O企画として、「Rakuten meets BEAMS JAPAN」を、仮想モール「楽天市場」やビームスの実店舗「ビームス ジャパン」などで開始した。

 イベントでは、ビームスの人気バイヤーとショップスタッフなど16名が、愛用している楽天市場の商品を、ライフスタイルとともに紹介する。東京・新宿にあるビームス ジャパンの1階には、スマホで操作できる巨大なデジタルサイネージ(電子看板)を用意。消費者は、まずスマートフォンでQRコードを読み込むことで、スマホがサイネージを操作するコントローラーとなる。そして、サイネージに表示される商品から「楽天市場」の商品ページにアクセスし、購入することができる。商品ページからは、スタッフが商品を紹介する動画を閲覧できるほか、店頭のQRコードからアクセスした場合のみ、特製缶バッジのプレゼント画面が表示される。また、店頭ではスタッフを紹介するとともに、商品のサンプルも展示している。

 サイネージに表示されるのは48商品。16人がそれぞれ選んだ3商品を表示する形で、会期の前半は24商品、後半に24商品表示する。デジタルサイネージを利用した広告は増えているが、映像を表示するだけだったり、操作できるものでもタッチ方式であることが多い。スマホを使う今回のやり方は、タッチ方式と違って複数が同時にアクセスできるほか、街中でサイネージを触ることに抵抗がある人でも参加しやすいメリットがある。

 同社ECカンパニー編成部CWD戦略推進課の山口貴弘シニアマネージャーは「ビームスのコンテンツを楽天市場の商品を入れ込むことで、無人のセレクトショップを実現した」と話す。家電や雑貨、食品、さらには「スニーカーレインカバー」といった個性的な商品を紹介している。

 さらには、楽天のキュレーションサービス「ROOM(ルーム)」においては、16名が運営するアカウントを集約した特設ページを開設。各スタッフのルームは、イベントに先立って4月1日から運用しており、フォロワーも千人単位と多く、売り切れになる商品も出ているという。また、紹介する商品を扱う店舗には、「コラボ企画に選ばれた」ことを示すエンブレムを配布。商品ページに表示することができる。

 セレクトした商品は、ビームスのスタッフが実際に楽天市場で購入したもの。ビームスのスタッフならではの視点で商品を発掘してもらうということだけではなく、ルームの利用促進につなげる狙いもある。

 山口シニアマネージャーは「最近はSNS経由の購買が流行しているが、商売が前面に出ていることも多い。今回の企画はそういったものを抑えているが、ビームススタッフが本当に良いと思った商品を紹介してもらうことで、消費者の購買意欲をくすぐる企画になったのではないか」と自信をのぞかせる。

 イベント開始にあわせて、ビームス ジャパンでは、楽天のスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」を導入。消費者は、ビームス ジャパンでの買い物をする際に「楽天ペイ」アプリで決済を行うことで、楽天のポイントサービス「楽天スーパーポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることが可能になる。今秋には、ビームス ジャパン以外の全国のビームスショップへも導入を予定している。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4327
Listed below are links to weblogs that reference
楽天 ビームスとO2O企画、スタッフが商品選定、電子看板をスマホで操作 from 通販新聞

Home > 商品政策 > 楽天 ビームスとO2O企画、スタッフが商品選定、電子看板をスマホで操作

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ