Home > フルフィルメント > セシールのサウンドロゴ空耳実態調査 「しもふさ君幸せそうなのに」1位に

セシールのサウンドロゴ空耳実態調査 「しもふさ君幸せそうなのに」1位に

 「しもふさ君幸せそうなのに」が1位に。ディノス・セシールは5月23日、かつて"何と言っているのか"と話題となった「セシール」のテレビCMで流していた「愛と信頼をお届けする」というフランス語によるブランドメッセージ「イロッフル・サ・コンフィアンス・エ・ソナムール」が何と聞こえるか、などを尋ねたネットアンケート調査「セシールのサウンドロゴ空耳実態調査」の結果を発表した。

 それによると、「しもふさ君 幸せそうなのに」と回答した人が全体の約3割となり最も多かった。次いで「自分は幸せそうなムーン」などとなった。同社では昨年のCMで同フレーズを久々に復活させた結果、ネット上などで大きな反響を呼んだことから今年のCMでも当該サウンドロゴを流したほか「多くの皆様が長きに渡って関心を寄せて頂いたことし真摯にお応えしたい」として同調査を行ったという。なお、同サウンドロゴが「長らく皆に愛されている当社の大事な財産」(同社)としてこのほど、同社では初めてとなる"音商標"の申請を行ったという。

 「セシールのサウンドロゴ空耳実態調査」は4月27~30日まで20~60代の男女を対象に各年代・性別で100人ずつ、合計1000人に1983年当時にセシールのCMで使用された当該サウンドロゴの音声データを聴取させた上で同社がウェブ上などであった同サウンドロゴが「こう聞こえる」という意見の中から比較的数が多かった9つの"空耳フレーズ"を選択肢とし、それを回答者が選ぶ形でネットアンケートを行った。この結果、「しもふさ君 幸せそうなのに」が全体の29・5%と最も多く、次いで「自分は幸せそうなムーン」(21・1%)、「篠塚君 幸せそうなの」(16・4%)、「イノフサ君 幸せそうなの」(15・2%)、「白くまくん幸せそうなの」(6・3%)などの順となった。1位の「しもふさ君 幸せそうなのに」は男女別、年代別、エリア別でみてもすべてで1位だった。また、同社社員を対象としたアンケート調査(5月10~17日に実施。402人回答)でも1位となったという。

 なお、「セシールのサウンドロゴ空耳実態調査」では同サウンドロゴを聴いたことがあるか、という設問を設け、認知度について尋ねたところ、全体の77%が「聴いたことがある」と回答した。前年別にみると当時のCMを見ていた30代以上の平均認知率は85・3%で特に40代では93・5%と最も高かった。一方、当該CMをリアルタイムではあまり見ていないはずの20代も44%となっている。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4329
Listed below are links to weblogs that reference
セシールのサウンドロゴ空耳実態調査 「しもふさ君幸せそうなのに」1位に from 通販新聞

Home > フルフィルメント > セシールのサウンドロゴ空耳実態調査 「しもふさ君幸せそうなのに」1位に

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ