Home > 商品政策 > 【オリジナルブランド研究 JALUX㊦】 店頭での露出から話題、売上高は年間1億円以上

【オリジナルブランド研究 JALUX㊦】 店頭での露出から話題、売上高は年間1億円以上

7-1.jpg
 JALUXではトラベルファッションを中心とした「TABITUS(タビタス)」シリーズについて、昨年度よりリアルを起点とした露出を強化しており、認知度の拡大とともに売り上げ増加につなげている。

 現状、タビタスの通販での販路は自社通販サイトやカタログのほか、「ゾゾタウン」や「楽天市場」など、他にもグループ会社を通じての大手総合通販企業向けの卸販売などがある。

 昨年に販売が大きく盛り上がるきっかけとなったのが秋に参加したメンズファッションブランドの展示会。空港をイメージした什器でブランドの世界観も演出しながら来場者にアプローチしたところ、いくつかの商品が百貨店関係者の目に留まりそこから徐々に店頭でのポップアップといった形でリアルでの販売先が拡大し、露出の機会が増えていったという。「昨年だけで、百貨店・専門店合わせてポップアップや催事を年間で30カ所以上行った。顧客の目に留まる機会が増えたことで、徐々にサイトへのアクセス数も伸びていった」(同社)と分析しており、精力的な売り場開拓の営業が実を結んでその後のヒットへとつながっていったと見ている。

 今年についてもリアルからの訴求は積極的に行っていく考えで、自社店舗に加え、昨年好評だった東京駅内のエキナカ施設など交通の要衝を軸に展開する計画。直近では3月28日~4月10日まで「横浜高島屋」の紳士服・旅行用品フロアにおいてポップアップストアを展開した。また、昨年秋にリニューアルした羽田空港第1ターミナルビル内の自社店舗「BLUE SKY FLIGHT SHOP(ブルースカイフライトショップ)」(画像)においても取り扱いを開始している。

 なお、常設店やポップアップ、展示会などリアルでの商品露出の際に欠かせない販促物となっている紙媒体の一つにタブロイド判カタログがある。これについては、紙質やレイアウトだけでなく制作会社のコンペにおいても自社のブランドイメージをしっかりと伝えて、それを十分に表現できる協力会社だけを選択するなど制作面から大きくこだわった。

 そのほか、ウェブでのブランド全般の告知や情報発信にはSNSだけではなく、自社で運営するキュレーションサイトの「TABITUS.com」も活用。2年前から運用している同サイトでは旅や出張などで役立つ情報を中心に記事形式でまとめており、その中でタビタスの新商品情報などは随時発信している。紹介記事から通販サイトに遷移して購入できるようにもなっているため、昨年からはその更新頻度を高めるなど購入に直結するツールとして機能させた。

 なお、現状でタビタスシリーズの売り上げは毎年右肩上がりで伸長しており、年間では1億円以上となる。いずれは国内だけでなく世界に向けて展開していくようなビジョンもあるという。(おわり)

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4275
Listed below are links to weblogs that reference
【オリジナルブランド研究 JALUX㊦】 店頭での露出から話題、売上高は年間1億円以上 from 通販新聞

Home > 商品政策 > 【オリジナルブランド研究 JALUX㊦】 店頭での露出から話題、売上高は年間1億円以上

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ