Home > 媒体研究(紙・電波) > MonotaRO(モノタロウ)が無人店舗を佐賀大学にオープンへ "キャッシュレス"で購入

MonotaRO(モノタロウ)が無人店舗を佐賀大学にオープンへ "キャッシュレス"で購入

4-1.jpg
 電動工具や物流用品などのBtoB通販を行うMonotaROは4月2日、事業者向けに同社が通販で取り扱う工具や作業用具、研究用品などを販売する無人店舗を開店する。来店者は専用アプリを使って認証を受け入店し、スマホのカメラで商品バーコードを読み取り、ネット上で当該商品の決済を完了、キャッシュレスで買い物ができる仕組み。同無人店舗の開設でネットとリアルを融合した間接資材の新たな販売方法を探りたい考え。

 MonotaROの無人店舗「モノタロウAIストア poweredby OPTiM」は滋賀市内の佐賀大学の本庄キャンパス内に設置する。無人店舗はIoTプラットフォームサービス事業などを手掛けるオプティムと共同で行い、同社の店舗管理支援サービス「スマート・リテール・マネジメント」をベースにして仕組みを構築したという。なお、佐賀大学内に店舗を置いたのはオプティムと佐賀大学が産学連携で共同研究を行っており、関連して佐賀大学構内にオプティムの本社を設置している関係で、当該エリア内に店舗を開設することにしたという。

4-2.jpg
 敷地面積約100平方メートルの店内ではMonotaROが事業者向けに展開する間接資材の通販事業で取り扱う商品の中から、ねじやボルト、切削工具や研磨剤などの工具や軍手、作業服、テープなどの作業用品、素材、材料などの研究用品など約2000点を販売する。同社によると店舗を佐賀大学構内に設置した関係で、理系の研究室の学生や職員の来店が多く見込まれることから、研究・開発に必要となるビーカーや試験管、シリンダー、アルコールランプ、測定器といった研究用品関連に品ぞろえを充実させたという。

 
4-3.jpg
入店するには同社の事業者向け通販サイト「monotaro.com」での顧客登録と専用アプリ「モノタロウ店舗」(iOS版・Android版)のダウンロードが必要で、来店時には来店者はアプリを起動の上、「入店コードを発行する」というボタンをタップしログイン。画面上に表示されるQRコードを店頭の入り口にある入店ゲートにかざして認証を受ける流れ。店内の商品を購入したい場合は商品または棚札のバーコードをアプリでスキャンし、商品情報を確認後、スマホ画面上の「バスケット」に入れ、その数量分の商品を店内の棚から取り出す。バスケット画面で「決済へ進む」とタップ後、ネット上で決済し、決済確定後に画面に表示される退店用QRコードを店舗の出口にある退店ゲートにかざすと退店できる。

 専用アプリ「モノタロウ店舗」と店内のカメラ映像や入退店ゲート機器の情報を、オプティムの「スマート・リテール・マネジメント」で連携して、実店舗に店員がいない状態でも店内カメラと入退店ゲート、各種のセンサーを制御して適切に店舗を運営できるという。

 MonotaROでは広告効果もかねて約5年前から本社のある尼崎市内の幹線道路沿いに軍手などの売れ筋商品を販売する自動販売機を設置しているが、実店舗を設置するのは有人店舗を含めて今回が初めて。同社ではネット通販では注文から配送までのリードタイムの存在が、店舗販売では人件費高騰や長時間労働などの課題があるとした上で、無人店舗の設置でネットとリアルを融合した間接資材の新たな販売方法を提案したい考え。「無人店舗のコスト構造はどうか。また、そもそも無人店舗が成り立つのかなどを含めて各種データをとっていきたい」(同社)とし、未定ではあるが採算面や投資対効果などがクリアする段階になれば、他のエリアでも無人店舗を開設することも視野にあるようだ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4239
Listed below are links to weblogs that reference
MonotaRO(モノタロウ)が無人店舗を佐賀大学にオープンへ "キャッシュレス"で購入 from 通販新聞

Home > 媒体研究(紙・電波) > MonotaRO(モノタロウ)が無人店舗を佐賀大学にオープンへ "キャッシュレス"で購入

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ