Home > 官庁・団体 > 韓国EC市場レポート by CAFE24⑤ 「デジュー」10億円達成、兄妹で自社EC立ち上げる

韓国EC市場レポート by CAFE24⑤ 「デジュー」10億円達成、兄妹で自社EC立ち上げる

6-3.jpg
 EC化が進んでいる韓国は、ITやネットビジネス環境が整っていて、ネット起業を通じ、自社ECを展開する事業者が活発な動きを見せています。

 ノ・テホ、ノ・ヒョジョン兄妹は、アパレルブランド「デジュー(http://dejou.jp)」で、若年層をターゲットにアパレル販売を手がけています。同社は、「ヤングSPA」というコンセプトのアイテムで、2016年全体売上100億ウォン(約10億円)を達成し、韓国アパレル業界で話題を呼び有名になりました。

 幼い頃から「ファッション」と「経営」への関心が高かった二人は、20代から就職でなく起業家としての道を進み始めたと言います。妹が日本と韓国を行き来しながら培ったファッションセンスを、兄が経営に取り入れる形で、10年にEC発ブランド「デジュー」を共同で立ち上げました。

 少額の資金で立ち上げた事業にもかかわらず、長年日韓ファッション市場の特徴やスタイルを分析してデザインした商品がヒットを記録、「デジュー」の売上は上昇したと言います。

 実際、起業4年目の時点で、月商数千万円のECショップへ成長を遂げ、国内はもちろん海外バイヤーからも問い合わせが殺到しました。17年4月には、国内にとどまらず、グローバルECプラットフォーム「cafe24(www.cafe24corp.com/jp)」で英語、日本語、中国語(繁体字)向けECサイトを開業、越境ECにも参入しました。

トレンディーなアイテムを毎週更新

6-4.jpg
 「デジュー」の競争力は、「最新トレンドを取り入れた多彩な商品」にあります。20~30代に向けた「デイリールック」や10代向け「スクールルック」など、特定のスタイルに留まらず、シーズン別にトレンディーな商品を迅速に掲示します。これを通じて、「デジュー」にアクセスする国内外消費者から「最新の韓国スタイルが分かるECショップ」という口コミが増えているようです。

 「トレンドを一目で分かるようなサイト構築に取り組み、顧客からもよい反応が続いています。毎週、弊社サイトにアクセスする顧客に向け、新たなデザインやスタイルを取り入れた商品を提案することで、国内外SPAと競争できるブランドを目指しています」(ノ・ヒョジョンCEO)

 また、複数製品を開発し、顧客反応に応じて販売する戦略よりは、長期間にわたり研究や分析を重ねて開発した企画品や売れそうな商品に販売力を集中しています。

 その一環として、16年冬シーズン、デザイン修正に2カ月をかけて制作したコートは、該当商品ページのPV数が100万を記録するほど大ヒットを記録したといいます。それ以降、17年夏シーズンに発売した「リネンシャーツー」は、2年以上市場調査や研究を重ねて企画したことで顧客から大きな反響があったようです。

 「ますます高まる顧客ニーズを実現できる商品開発に力を入れています。様々な企画アイテムを継続的に提示し、グローバル市場でも戦える競争力確保に注力しています」(ノ・テホCEO)

自社EC運営に注力する

 若年層がメインターゲットの「デジュー」は、SNSアカウント上で割引イベント、コーディネート提案などを共有し顧客とコミュニケーションを取りながら自社サイトのアクセスを増やしています。これに伴い、インスタグラムアカウントのフォロワー数や売上も継続して増加しているようです。

 また、インバウンド対策やブランディングのため運営している韓国ソウルの「ショールーム」が、日本観光客にも知られつつあり、今後の売上増加にもつながると期待しています。

 今後も「デジュー」は、自社ブランド構築の一環としてモール出店よりは、自社EC運営に注力していく予定です。長期的には日韓消費者を対象に培ったノウハウを基に、様々な国へEC展開を拡大していく計画も立てています。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4214
Listed below are links to weblogs that reference
韓国EC市場レポート by CAFE24⑤ 「デジュー」10億円達成、兄妹で自社EC立ち上げる from 通販新聞

Home > 官庁・団体 > 韓国EC市場レポート by CAFE24⑤ 「デジュー」10億円達成、兄妹で自社EC立ち上げる

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ