Home > フルフィルメント > JPのオープンイノベーション 〝AIで配達最適化〟、最優秀賞にオプティマインド

JPのオープンイノベーション 〝AIで配達最適化〟、最優秀賞にオプティマインド

 日本郵便とサムライインキュベートは2月1日、オープンイノベーションプログラム「ポスト・ロジテック・イノベーション・プログラム」の成果発表会を開催した。最優秀賞にAIで郵便や荷物の配送計画を行い効率化するビジネスモデルを提案したオプティマインドが受賞。同社のモデルは新人ドライバーでも最適な配達を行えることを可能にすることを狙ったもので、人手不足の中で配達員を底上げできる点など評価を得た。また一般来場者の投票による「観客賞」には紛失防止タグを用いた落し物の発見と所有者への返還を可能にする事業に取り組むマモリオが受賞した。

 オプティマインドは名古屋大学発のベンチャー企業で、今回のオープンイノベーションでは人手不足や複雑化、再配達が課題となっている荷物配送の効率化をテーマにした。ルート作成、集荷、配達の一連の過程において、新人ドライバーでも最適な作業が行えるシステムを提示した。

 同システムは最適化エンジン「Megan」を利用しルート作成などを行うもの。実証実験では通常新人配達員では44分、ベテランで14分を要するルート作成をAIツールにより6分で可能にした。配達も新人57分、ベテラン34分で両者間には大差があるが、同システムにより45分で可能にした。

 このような効率化の実現につなげることで、集配業務を行っている1070局での人員とコストの削減が可能になるとしている。3月末まで埼玉の草加郵便局で実証実験を続けるほか、今後主要局での実施も検討し、持続可能な物流の提供に寄与できるようにするという。

 同プログラムは105社から応募があり、4社を選定し実証実験などを行ってきた。最優秀賞と観客賞を受賞した2社以外では、空と陸との双方のドローンを活用して山間部や離島への配達に関する取り組みを行っているドローン・ヒューチャー・アビエイション、一般店舗などを手荷物の預かり場所として活用し同時に郵便局ネットワークの活用による荷物配送サービスを目指すエクボが成果を発表した。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4180
Listed below are links to weblogs that reference
JPのオープンイノベーション 〝AIで配達最適化〟、最優秀賞にオプティマインド from 通販新聞

Home > フルフィルメント > JPのオープンイノベーション 〝AIで配達最適化〟、最優秀賞にオプティマインド

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ