Home > 商品政策 > ジェネレーションパス PB家電が好調、初年度売上げ2億円突破

ジェネレーションパス PB家電が好調、初年度売上げ2億円突破

8-1.jpg
 家具などのネット販売を手がけるジェネレーションパスでは、昨年1月に立ち上げたPB商品ブランド「Simplus(シンプラス)」の販売が好調に推移している。シリーズ売上高は初年度で2億円を達成しており、今期も増収を見込んでいる。

 同事業は、既存のEC事業で直接の仕入れ先となっている取引先企業の商品とは重複しない商品ジャンルを対象としている。現状、メーカーだけでなく大手家電量販店などでもPBブランド開発が盛んになっている背景もあって、まずはハイビジョン液晶テレビ(=画像)と1ドア冷蔵庫を発売した。テレビは16V型~40V型で、税別価格は2万1800円~6万9800円。冷蔵庫は容量が46リットルで、同1万9800円。

 開発に当たってはEC事業で蓄積してきたビッグデータを収集・分析する独自のオペレーションシステムを活用。どういった価格帯やスペックの組み合わせが市場で売れていくのかを予測し、商品企画に反映させていった。現在の家電市場は、IoTや様々な用途を複数持ち合わせた多機能家電が一つのトレンドとなっている。しかしながら同社では、単身世帯・少人数世帯の増加によって小型で機能を絞った家電にもニーズがあると判断。単なる低価格商品ではなく、シンプルで必要最低限の機能を持ったスタイリッシュな家電というコンセプトで一人暮らし世帯などに向けて訴求していった。結果的に計画値通りの2億円の売り上げを達成し、今期も拡大を見込んでいる。

 なお、自社PB強化の背景には物流費の高騰も影響しており、「単に配送費が上がったから商品値上げするということではなく、企業努力の一つとして流通工程を減らしたPBであれば従来の価格に近い形で消費者に商品を提供できる」(岡本社長)とした。

 今期に関しては家具・インテリアでの商品開発にも目を向けている。既存の取引先が配送料の値上げなどで製造コストが見合わなくなったために取り扱いがなくなったジャンルなどに限定して、提案することを考えている。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4160
Listed below are links to weblogs that reference
ジェネレーションパス PB家電が好調、初年度売上げ2億円突破 from 通販新聞

Home > 商品政策 > ジェネレーションパス PB家電が好調、初年度売上げ2億円突破

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ