Home > 商品政策 > ジンズ コンタクトレンズを販売、EC限定で展開

ジンズ コンタクトレンズを販売、EC限定で展開

8-1.jpg 眼鏡ブランド「JINS(ジンズ)」を展開するジンズがコンタクトレンズ事業に参入する。来年初頭に1日使い捨てのコンタクトレンズを通販サイト限定で販売する。商品は台湾のOEMメーカーから仕入れ、自社オリジナルブランドで展開。SPAモデルの眼鏡と同様に、他ブランドの商品は扱わずあくまで自社ブランドにこだわった。販売に際しては医療機関の受診申告者に限定したり、全国の眼科医を紹介するなど安全面にも配慮する。眼鏡に比べて再購入までの期間が短いコンタクトレンズの投入により、顧客との接触頻度を増やしていく。

 オリジナル商品として投入するコンタクトレンズは「JINS 1DAY」(㊨画像)。1日使い捨てで、価格は30枚入り1箱が税抜2000円。含水率58%の高含水タイプで、酸素透過率が高く快適なつけ心地が特徴という。事前のユーザー調査の結果では、91%が商品に「満足」としており、93%が「つけ心地がよい」と回答したようだ。

 自社通販サイト「JINSオンラインショップ」を通じてネット販売するにあたり、安全面に配慮する。同社執行役員で経営企画室長を務める笈沼清紀氏は「安心安全を重視したコミュニケーションやサービスを提供し、他の先輩企業らと市場を伸ばしていきたい」と述べる。

 具体的には医療機関への受診状況や装用状況などの事前確認を実施し、医療機関の受診を申告している場合に限って販売する。全国の眼科医を閲覧できるページも設ける。適切な装用方法を紹介する動画やリーフレットを用意し、購入時には動画視聴を義務付ける。購入後に相談窓口で個別の相談にも対応できる体制を整える。

 こうした慎重な取り組みについて、ジンズ薬務準備室長の倉重達一郎氏は「情報のばらつきをなくして安全に使用してもらう」と目的を説明する。購入時に閲覧してもらう動画では専門家の監修のもと、適正に使用してもらうための内容を作ったようだ。 商品は最短で翌日に配送する。オンライン購入での不安を解消するために、5枚入り無料サンプルによる試着や、未開封であれば購入後1カ月以内は無料で返品や交換にも対応する。
 ジンズによる自社オリジナルのコンタクトレンズ展開。実は以前から商品化を検討していたという。その理由について「眼鏡とコンタクトレンズの相性は良い」と同社デジタルコミュニケーション室の向殿文雄マネジャーは指摘する。

 1日使い捨てコンタクトレンズ購入者向けに実施した調査によると、51%がジンズの眼鏡の購入経験があり、そのうち8割がジンズがコンタクトレンズを販売した場合に購入する意向があったという。

P2.jpg
 また、使い捨てコンタクトレンズには1日だけでなく、2週間や1カ月など装用期間が異なるものがあるが、「眼鏡の売り上げにも寄与する商材を考えると集中すべきは1デイ」(笈沼氏)とのこと。同社の場合、眼鏡の買い替え頻度は2・7年に1本。1年あたりで見るとおよそ0・3本。これに対して1デイのコンタクトレンズは毎月買うため年間の購入回数は12回。つまり眼鏡の0・3回に比べて40倍のコミュニケーション頻度になる。「コミュニケーションの頻度を上げるアイテム」(同)としても1デイにこだわったようだ。

 コンタクトレンズの販売では当面は定期購入の仕組みなどは設けず、購買データを見ながら「アプリなどを使ってアプローチしていく」(向殿氏)との考え。合わせて店頭や通販サイトで眼鏡を購入した顧客に対してコンタクトレンズを訴求し、割引クーポンなどによる拡販も計画しているもよう。

 同社によると、コンタクトレンズの明確な売り上げ目標などは置いていないようで、「眼鏡とは商材が異なるため、安心安全を提供できるインフラを整えながら伸ばしていく」(笈沼氏)としている。

※写真はジンズの笈沼清紀氏㊥、向殿文雄氏㊧、倉重達一郎氏

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4116
Listed below are links to weblogs that reference
ジンズ コンタクトレンズを販売、EC限定で展開 from 通販新聞

Home > 商品政策 > ジンズ コンタクトレンズを販売、EC限定で展開

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ