Home > 商品政策 > アマゾンジャパン AIスピーカーを発売、人工知能搭載しネット販売も対応

アマゾンジャパン AIスピーカーを発売、人工知能搭載しネット販売も対応

DSC00511.JPG
 アマゾンジャパンは11月15日から、アマゾンが独自開発した人工知能(AI)を搭載したスピーカー型端末「アマゾンエコー」を発売した。スピーカーに話しかけることで、アマゾンで商品を購入できたり、好きな音楽を再生できるもの。日本ではすでにグーグルやLINEがAIスピーカーを発売しているがネット販売への対応はできていない。AIスピーカーとECの親和性を見る上でも「アマゾンエコー」の動向が注目されそうだ。

 11月7日からアマゾンジャパンの通販サイトで注文予約を開始し、同15日から、スタンダードな端末「エコー」(税込1万1980円)と小型の「エコードット」(5980円)、最上位端末の「エコープラス」(1万7980円)の発送を始めた。アマゾンが独自に開発したAI「アレクサ」を搭載し、利用者が「アレクサ」と呼びかけると起動し、アマゾンジャパンが11月8日から開始した楽曲の定額制聞き放題サービス「アマゾン・ミュージック・アンリミテッド」(月会費980円、有料会員は780円)などを活用して好きな音楽を再生したり、対応する家電を操作できる。

 なお、日本の発売に先立って、約1年をかけて「アレクサ」を日本語対応し、同音異義語の聞き分けも可能だという。また、独自の技術により、6メートル離れていても話し手を識別して起動し、利用できるという。

 事前に個人情報や決済方法、配送方法などを設定しておけば「エコー」によるアマゾンの通販サイトでのネット販売も可能で、例えば「お茶を買いたい」と話しかけると、まず過去の購入履歴から検索し、そこにお茶があれば「○○(商品名)があります。再度、購入しますか」などと返答し、利用者が「買います」と答えれば、注文した上で「○○日に到着予定です」と配送予定日などを案内する。購入したい商品が過去の購入履歴にない場合はアマゾン内の商品を検索し、該当する商品を何件か読み上げ、さらに商品情報が知りたい場合は続きの商品情報を紹介し、気に入ればそこから商品を購入することもできるという。なお、読み上げる商品の情報は連動するスマホアプリ上でも当該商品の画像やスペックを表示し、利用者はそこで確認して購入することもできるという。

 また、米国では「アレクサ・エクスクルーシブ・ディール」という「エコー」の利用者などに向けた限定の割引セールも実施しており、「今のディールは何?」などと話しかけるとセール対象商品の情報を知らせる試みなども実施しており、日本でも同様の試みを実施する可能性もありそう。

 日本ではグーグルが「グーグルホーム」、LINEが「クローバウェーブ」というAIスピーカーを発売中。シェア争いの行方ももちろんだが、AIスピーカーとECへの親和性についても気になるところ。「グーグルホーム」は日本ではEC対応はまだ行っておらず、「クローバウェーブ」も「ECに対応するプロジェクトは進行中だが、対応時期などは未定」(LINE)としており、現状では「エコー」が唯一、対応している。ただ、「(エコーは)現状、ショッピングツールとしてはフレンドリーではない」(アマゾンジャパン)としており、今後、使い勝手を改善していく考え。AIスピーカーはECの新たなインターフェイスになりえるのか。行方が注視されそうだ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4088
Listed below are links to weblogs that reference
アマゾンジャパン AIスピーカーを発売、人工知能搭載しネット販売も対応 from 通販新聞

Home > 商品政策 > アマゾンジャパン AIスピーカーを発売、人工知能搭載しネット販売も対応

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ