Home > 媒体研究(紙・電波) > ドクターシーラボ 年内にも新型店を出店へ、社員が接客、商品選びの相談対応

ドクターシーラボ 年内にも新型店を出店へ、社員が接客、商品選びの相談対応

 化粧品通販のドクターシーラボは年内をメドに新コンセプトの新型店舗「シーラバーショップ」を都内に出店する。すでに百貨店などに出店する形で店舗を構えているが、「販路としての店舗」ではなく、同社社員が接客し、化粧品選びの相談などに対応して同社商品の購入を迷う顧客に対し、後押しをする。まず本社近くに出店し、順次、首都圏を軸に新型店舗を増やす。伸び悩む通販事業のテコ入れにも寄与させたい狙いのようだ。

 新たに出店を計画している「シーラバーショップ(仮称)」は「通信販売のお客様に毎月、『シーラバー』という会報誌を送り、その月々に合わせたセット商品や新商品を提案させて頂いているが、そうした会報誌の内容や世界観をそのままリアル店舗に置き換えたような形。『シーラバー』で提案させて頂いた商品を実際に確かめたり、試すことができる」(石原智美社長)という。同社ではすでに百貨店の化粧品売り場などに出店する形で実店舗を展開し、通販や卸売に次ぐ、1つの主要販路として機能しているが、「シーラバーショップ」ではそうした既存店とは一線を画し、「普段、通販で購入頂いているお客様にとって、百貨店の店舗に行って相談するというのはなかなかに敷居が高いという声は頂戴していた。化粧品の選びや使い方などちょっとした質問をしたかったり、美顔器など比較的高額な商品を試してから購入したいというお客様に向けた店舗で、また、(百貨店など既存店ではやりにくい)我々が今、提案したい内容や商品を前面に打ち出すなど『シーラバー』をそのまま体験できるような時々の施策によって毎月、毎月、お店の中身が違うイメージ」(石原社長)の店舗になるという。

 「シーラバーショップ」では既存店のように美容部員ではなく、同社社員が接客にあたり、相談カウンターで肌診断器を使ったり、サプリメントを試飲してカウンセリングしながら顧客それぞれに合った化粧品や健康食品を提案したり、同社が販売する美顔器を体験できるセルフエステコーナーなどを設置する。「大型店舗になっていけば(グループ会社のシーズ・ラボが展開する)エステサロンのコラボ店舗としてプチサロンを併設して人気メニューを体験頂くなど、セルフエステコーナーと合わせて気軽に美容を楽しんで頂く場を提供したい」(石原社長)という。また、将来的には肌診断器やDNAテストで顧客それぞれにカスタマイズした独自の化粧品やサプリメントを提案する考えもあるようだ。

 「シーラバーショップ」はまずは年内をメドに同社の本社事務所がある東京・恵比寿に「30坪前後の店舗を出店したい」(同)としている。その後も首都圏を中心に徐々に店舗を増やしていく考え。新型店舗で前期は減収と苦戦する主力事業の通販のテコ入れに寄与させたい狙いのほか、訪日外国人に来店を促し、インバウンド需要の取り込みなども狙う考えだ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4012
Listed below are links to weblogs that reference
ドクターシーラボ 年内にも新型店を出店へ、社員が接客、商品選びの相談対応 from 通販新聞

Home > 媒体研究(紙・電波) > ドクターシーラボ 年内にも新型店を出店へ、社員が接客、商品選びの相談対応

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ