Home > 企業動向 > ネスレ日本  抹茶の定期購入を本格化、4種類で顧客ごとの栄養を補助

ネスレ日本  抹茶の定期購入を本格化、4種類で顧客ごとの栄養を補助

 3-1.jpgネスレ日本は10月より、無料レンタルのコーヒー専用マシンなどを使った定期購入サービスについて、ビタミンやミネラルなどの栄養素を加えた抹茶の定期購入「ネスレウェルネス アンバサダー」(=画像)を本格展開する。

 同サービスは今年3月~4月にかけて展開しており、1カ月間で想定以上となる1万件以上の申し込みがあったことからテレビCMなどを一時休止。抹茶の供給体制の整備を進め、改めて10月より新規の受注を本格化する。

 同サービスで取り扱う抹茶はビタミンやミネラルなどの配合量をそれぞれ変化させた4種類のカプセルとなっている。利用者が専用サイトから日々の食事内容や生活習慣に関するアンケートに回答することで、身体に不足している栄養素を補うための最適な種類のカプセルを提示する仕組みになっている。さらに希望者には1日分の食事の写真を専用カメラアプリで送ることで管理栄養士から適切なダイエットアドバイス情報を配信する付帯サービスもある。

 1カ月間で30カプセル、1カプセル当たりの価格は100円程度。オフィス向けだけでなく、個人宅などでの需要も見込んでいる。「カテキンのようなポリフェノールが豊富に含まれているのが抹茶である。美味しくて簡単に飲める、食べられる抹茶を通じた健康支援サービスとして大きく育てていきたい」(高岡社長兼CEO)とした。

 そのほか、利用者が長期出張や旅行などで同マシンを利用できる環境にない場合も想定して、外出先でも携帯して食べられるチョコレートブランドの「キットカット」に、カプセルと同様の成分を配合した「ウェルネスキットカット」も利用者向け限定で発売。両商品を使い分けながら栄養補助ができるサービスを提供する。


越境ECも視野

 なお、同社ではマシンレンタルによる定期購入をはじめ、自社通販サイトや仮想モールなどのネット販売比率が全体の売り上げの約15%となっており、2020年にはこれを20%まで拡大させる方針。

 ウェブ比率の拡大にむけては国内販売だけでなく、東アジアを中心とした越境ECによる販路開拓も検討。「キットカット」が日本独自のフレーバーとなっていることから訪日外国人観光客からの支持が高いこともあり、まずは10月26日に韓国のソウル市内の百貨店に初の専門店舗を開設。ネット販売についても早期に取り組む考え。


Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/4001
Listed below are links to weblogs that reference
ネスレ日本  抹茶の定期購入を本格化、4種類で顧客ごとの栄養を補助 from 通販新聞

Home > 企業動向 > ネスレ日本  抹茶の定期購入を本格化、4種類で顧客ごとの栄養を補助

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ