Home > フルフィルメント > ロコンド 配送サービスプランを一新、送料はポイントバック制に

ロコンド 配送サービスプランを一新、送料はポイントバック制に

 靴とファッションのネット販売を手がけるロコンドは9月上旬をメドに、配送サービスの幅広い顧客ニーズに対応するとともに、物流業界の課題解決を目指して配送プランを一新する。これまで、ロコンドではサイズ交換などに伴う返品送料について、セール期を除いて「0円」とすることで"自宅で試着、気軽に返品"できるファッション通販サイトとして支持されてきたが、不在時の再配達問題などに通販企業として取り組むことになった。

 まず、日中は留守にしている消費者のライフスタイルを考慮し、ソフトバンクグループのMagical Move(マジカルムーブ)社と協業して午後9時~12時の「夜間便」、および午前6時~9時の「早朝便」をスタート。配送時間帯は1時間単位で選択できる。第1弾として東京7区(港区、中央区、江東区、千代田区、品川区、渋谷区、新宿区)で始動し、年内には東京23区への拡大を目指す。

 同サービスは午後2時までの注文を最短で当日午後9時に届ける即配サービスでありながら、5400円以上購入の場合は490円の送料を全額ポイントバックして実質送料0円で提供することで、消費者が気軽にエクスプレス便(夜間便・早朝便)を利用できる環境を整える。

 さらに、千葉県八千代市のロコンド倉庫を出荷後は、購入者のパソコンやスマホ上で注文商品を運んでいるトラックの位置をリアルタイムで確認できるようにして再配送の低減につなげる。

 一方、商品の到着を急がない消費者に向けては、2~3日後に届く「急ぎません。便」を開始。同サービスと、翌々日以降の日時指定ができる「日時指定便」は、標準サービスの「翌日お届け便」よりも安い290円(5400円以上の購入で全額ポイントバック)とする。

 また、ロコンドの標準的な配送サービスで、午後2時までの注文分を当日出荷する「お急ぎ便」(翌日お届け便)は送料を現行の486円から390円に、ポスト投函可能な商品が対象の「ポスト投函便」は486円から190円にそれぞれ引き下げる。

 ロコンドでは、ユーザーが負担する送料の実質値引きと、今後の配送コスト上昇への原資として広告費用を充てる。具体的には、すべての配送サービスについて、5400円以上の購入での送料無料を廃止し、配送料金と同額のポイントバックを行うことで実質、送料無料とする。

 同社ではさまざまな配送プランを用意することで顧客満足度の向上を図りながらポイント費用を増やし、外部広告費用を抑えることで配送会社および自社の収益性改善を見込んでいるという。なお、すべての配送プランで「サイズ交換0円・利用者都合の返品送料0円」を継続する。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3988
Listed below are links to weblogs that reference
ロコンド 配送サービスプランを一新、送料はポイントバック制に from 通販新聞

Home > フルフィルメント > ロコンド 配送サービスプランを一新、送料はポイントバック制に

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ