Home > フルフィルメント > リバークレイン、バイク専門誌を商品同梱、人気媒体をフリーペーパーで復刊

リバークレイン、バイク専門誌を商品同梱、人気媒体をフリーペーパーで復刊

7-1.jpg
バイク用品のネット販売事業などを展開しているリバークレインは8月1日、バイク用品通販サイト「ウェビック」で購入した顧客に向けてバイク専門誌のフリーペーパーを商品に同梱するサービスを開始した。

 同梱するのは車やモーターサイクル誌などを手がける内外出版社が2016年8月まで発刊していたバイク専門誌「ビッグマシン」をフリーペーパー化して復刊した「ビッグマシン零」(画像)。フルカラーの28ページで、バイク関連用品情報やライディングテクニック解説、ニューモデルの解説記事などを掲載している。

 創刊号は1万部を発行。次号から発行部数を段階的に増やしていき、今後は隔月ペースで約4万部発行することを予定している。先着順の発送で購入した商品のサイズによっては荷物に同梱できない場合もあるが、専用サイトからもオンラインで全ページが閲覧できるようになっている。

 リバークレインによると、昨今は出版不況の影響でバイク雑誌の発行部数が減少しており、書店流通網の縮小も見られているという。そうした中で、通販の流通網を使うことでバイクユーザーに向けて専門誌を届けるという新たな情報発信の形として開始した。専門誌が無料で読める通販サイトという付加価値でも訴求していく考え。

過去の同梱企画でも大きな反響

 同梱サービスについてリバークレインではスポットの企画として、以前よりメーカーからの新商品案内といったチラシやカタログを商品と一緒に発送することは行っている。雑誌などの媒体物の同梱に関しては、数年前にテスト企画として実施したことがあり、誌面制作を担当していたパートナー企業側の都合で2~3回程度で終了してしまったものの、当時の顧客からの評判は高かったという。

 今回の同梱サービスでは、バイクユーザーの間でも認知度の高い内外出版社の人気媒体を活用。「ビッグマシン」の読者層自体がリバークレインの顧客と年齢層や愛用しているバイクの種類などでマッチしていることもあり、親和性が高く見込めるという。

 誌面の制作などについては内外出版社が担当し、ウェブ版の運営や同梱・配布などはリバークレインが担当する。制作費や作業負担に関しては基本的に半分ずつの割合となっているもよう。

 次回発行予定の号については、誌面内で「ウェビック」に送客するような仕掛けを持った連動型の企画を行うことも検討している。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3970
Listed below are links to weblogs that reference
リバークレイン、バイク専門誌を商品同梱、人気媒体をフリーペーパーで復刊 from 通販新聞

Home > フルフィルメント > リバークレイン、バイク専門誌を商品同梱、人気媒体をフリーペーパーで復刊

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ