Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > アリババ、美容機器5社と提携 データ活用し新商品開発

アリババ、美容機器5社と提携 データ活用し新商品開発

5-1.jpg
アリババグループは8月3日、運営する越境ECサイト「天猫国際」において、MTGや日立製作所など、日本の美容機器メーカー5社と提携したと発表した。アリババの保有するビッグデータや、中国消費者の消費行動・習慣データをメーカーに提供し、共同で中国向けの新製品開発を行い、天猫国際で販売する。

提携したのは2社のほか、ヴォーグインターナショナル、アーティスティックアンドシーオー、ヤーマンの計5社。天猫国際で販売されている提携企業の商品は、より充実したアフターサービスを提供するようにしていくほか、「アジア美容機器研究室」を設立、アリババのビッグデータを活用することで、より中国消費者のニーズに合致した美容機器製品を開発する。

 天猫国際ゼネラルマネージャーの劉鵬氏は「中国における1億人の『新中間層』は美容や健康、観光などに興味がある。これに伴い、日本からの越境ECのトレンドにも変化があり、これまで人気だった粉ミルクや紙おむつだけではなく、高級美容機器、生鮮食品、ワイン、ペットフードなどが新たな人気商品となっている」と越境ECの現状を説明。天猫国際における美容機器の昨年1年間の売り上げは、前年比6・4倍となっており、特にMTGの「リファ」は中国人女性に絶大な人気があるという。

 こうした中で、日本の人気美容機器の代理購入や並行輸入も目立っている。「これら販路の商品は正規品ではなくアフターサービスもないため、消費者に不安を与えている。天猫国際では、消費者に安心・安全な商品を提供できる環境づくりに努めている。メーカーとともに市場を守り、消費者のニーズを研究することでより良い商品を提供していく」(劉鵬氏)。

 また、MTGの中島敬三常務取締役は「リファとMDNAスキンの2ブランドは、天猫国際を独占ECチャネルとして販売している。天猫国際との取り組みを開始したことで、海外売り上げは前年比400%、中国売り上げは同1600%まで伸びた。同時に模倣品との戦いも続いているが、天猫国際との今回との取り組みを通じて、正規品を買うことが重要だということを消費者に訴えていきたい。美容機器は大きな可能性を秘めており、アジアだけではなく北米や欧州でも喜んでもらえるはずだ」などと述べた。

 メーカーでは、天猫国際の強みについて「ナンバー1であること、ブランド・顧客育成を重視している点」(MTG中島敬三常務)、「規模と顧客データの分析力はずば抜けている」(日立家電中国の香月隆志社長)などとみており、アリババの持つデータを活かすことで中国向けのMDを強化したい考えだ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3968
Listed below are links to weblogs that reference
アリババ、美容機器5社と提携 データ活用し新商品開発 from 通販新聞

Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > アリババ、美容機器5社と提携 データ活用し新商品開発

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ