Home > 企業動向 > ジャパネットたかた、新スタジオが稼働――番組制作力アップへ

ジャパネットたかた、新スタジオが稼働――番組制作力アップへ

3面.JPG ジャパネットたかたは7月7日から、新たな番組収録スタジオの稼働を開始した。5月に都内に新設した新たな事務所内に広さの異なる3つのスタジオを開設したもの。長崎・佐世保の本社スタジオがメインで行う生放送番組以外の収録番組を主に制作していくほか、注力しているネット販売サイト用の商品説明動画も同スタジオで制作していく計画。新スタジオの稼働で番組制作力や訴求力の向上を図っていく狙いのようだ。

 新たなスタジオは5月8日に営業を開始した東京・麻布の事務所の中に設置したもの。なお、当該事務所はこれまで麻布と六本木に2つの拠点を構え、ジャパネットたかたのほか、ジャパネットホールディングス、ジャパネットビジネスアソシエイツ、ジャパネットメディアクリエーションのグループ4社が入居していたが、グループ各社の連携強化などを図るため、両事務所を統合・集約し、商業ビルの住友不動産麻布十番ビル(所在地・東京都港区三田1‐4‐1)の7階全フロアと8階の一部を借り受けて新設した拠点となる。

 新たなスタジオは7階の一角に設置。メインとなる「Aスタジオ」(広さ221・62平方メートル)とサブのスタジオで執務エリアが隣接した「Bスタジオ」(同95・84平方メートル)、主にネット販売サイトで配信する商品説明動画の制作を行う「Cスタジオ」(同57・73平方メートル)の大きさの異なる大中小3つのスタジオを設けた。六本木にあった旧拠点内にもスタジオを構えていたが、総面積は1・3倍程度、拡大したという。

 稼働を始めた7月7日には同社が保有するテレビ東京の午前枠で同スタジオから生放送を行い、売れ筋の掃除機などを紹介した。今後は引き続き、長崎・佐世保の本社内のスタジオが生放送は主に担当し、東京のスタジオは60秒や90秒、60分などの収録通販番組の制作をメインに行っていくようだ。ただ、テレビ東京の平日夕方の生放送のレギュラー枠でも東京スタジオを活用するケースなどもあり、状況に応じて活用していく考えのようだ。また、Cスタジオはウェブ動画専用スタジオとして今後、無人ロボットカメラなどを導入し、昨年7月のサイト刷新以降、特に強化している動画による商品説明をより充実させていく考えだ。

 なお、東京の拠点は全フロアを賃借する7階(約1500平方メートル)に3つのスタジオのほか、グループ4社の社員、約250人が働くフリーアドレス制の執務エリアや同社が現在、販売する商品のうち、食品などを除く約60ジャンル、600点のほぼすべての商品を展示し、社員が商品をすぐ確認でき番組制作などに活かせる目的で設置した「senQua Loom(センカルーム)」を設けている、また、8階の一部(754・22平方メートル)も賃貸し、様々なタイプの机や椅子を置き、従業員が食事をとったり、仮眠室やマッサージ機、従業員からの相談に対応する産業医が常勤している健康開発室などを備えた「リフレッシュルーム」も設けている。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3924
Listed below are links to weblogs that reference
ジャパネットたかた、新スタジオが稼働――番組制作力アップへ from 通販新聞

Home > 企業動向 > ジャパネットたかた、新スタジオが稼働――番組制作力アップへ

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ