Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > 全日空商事 スマホ流入が伸長、アプリ限定商品など販売

全日空商事 スマホ流入が伸長、アプリ限定商品など販売

501.jpg 全日空商事では通販サイトでのスマートフォンからの流入客数が増加しており、昨年度よりANAマイレージ会員を対象としたアプリを通じたアプローチも本格的に開始するなどテコ入れを進めている。

 同社の2017年3月期の通販サイトにおけるセッション数は、PCからの流入が前年比18%減と落ち込みを見せる中で、スマートフォンをはじめとする携帯からの流入は同13%増と伸長している。同社の顧客層とも一致する空港や旅先などでのスマホ利用シーンの拡大が背景にあるようで、今後もこの傾向は強まると考えられている。

 これに関連して昨年4月よりANAグループでサービスを開始した「ANAマイレージクラブアプリ」と連動した企画も昨年度から実施している。同アプリは残高確認などマイルの管理ができるほか、通販サイトへのリンク機能もある。

 現在までに約60万ダウンロードを記録している同アプリの利用者に向けた限定商品販売を実施。今年度は「ANAマイレージクラブ」の20周年企画の一環として、直近では機内での配膳用に使われた「折り畳み式機内トローリー」(画像)を発売した。「アプリ経由での通販利用はまだまだだが、徐々には認知が上がっている。スマホ率が高まっているのはこうした施策も寄与している部分があると思う」(同社)としている。

売り上げシェアはPCがトップ

 スマホからの流入が増加する一方で、購入ツールとしてPCが重用されている状況は現在も続いている。実際に17年3月期の通販サイトにおけるデバイス別の「売上シェア」を見ると、依然としてトップがPCで52%(前年比7%減)。次いでスマートフォンをはじめとする携帯が38%(同7%増)、タブレットが10%となり、「購入件数」の内訳についてはPCが73%、携帯が17%、タブレットが10%の順になっている。

 コンバージョン率(購入率)に関しても、PCの割合が最も高くPCが7・3%、タブレットが4・7%、携帯が2・4%となるなど、画面の大きさに準じた結果となっていた。これについては「顧客層が40・50代だけで53%程度の構成となっており比較的年齢は高い。男女比も女性3割に対して男性が7割と多いという顧客構成が関係しているのでは」(同社)と説明。若年層とは違って、購入に際してはより大画面で商品内容を詳しく確認して入力作業などを行いたいというニーズがまだまだ高いようだ。

 そのため、サイトレイアウトの視認性に関する見直しは今後も定期的に実施していく考え。すでにマイルを商品に交換できる「ANAセレクション特典」についてはトップ画面の商品写真・文字の拡大や、顧客属性に応じたレコメンド表示への切り替えを実施。刷新以前と比べて、離脱率の減少やコンバージョン率の上昇などが見られるようになったという。現在は通販サイト「A―style」についても同様の内容で刷新を図っている。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3899
Listed below are links to weblogs that reference
全日空商事 スマホ流入が伸長、アプリ限定商品など販売 from 通販新聞

Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > 全日空商事 スマホ流入が伸長、アプリ限定商品など販売

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ