Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > ナチュラム・イーコマース、新型SNSでコミュニティ

ナチュラム・イーコマース、新型SNSでコミュニティ

5-1.jpg
「アウトドア愛好者のネットコミュニティはありそうで実は大きなものはない。では作ってみようと考えた」。釣具やアウトドア用品のネット販売などを行うナチュラム・イーコマースは4月中旬に新型短文投稿SNS「Mastodon(マストドン)」を使ったアウトドア専門のコミュニティ「ナチュドンアウトドア」(画像)を立ち上げた。

 「マストドン」とは「ツイッター」に似た使い勝手の短文投稿型SNS構築のためのフリーソフトウェアで欧米で広がり始め、日本でも今春頃から「マストドン」を活用した独自SNSを立ち上げるところが増えてきている。

 なお、「マストドン」では1投稿は500文字まで、テキストのほか、短い動画の投稿も可能となっている。また、「マストドン」で作った各SNSは連動しており、それぞれの利用者も繋がれる仕様となっている。

 日本ではイラスト投稿SNSサービスを展開するピクシブや動画配信サービス「ニコニコ動画」などを運営するドワンゴなどがいち早く立ち上げ、ユーザー数を大きく伸ばしているが、それら以外にも「マストドン」を使った様々なSNSがすでに存在しているよう。現状、音楽やゲーム、アイドル、スポーツの愛好者向けのSNSが多いが、ナチュラム・イーコマースではアウトドア好きのユーザーに向けたSNSを立ち上げることにした。

 「当社ではこれまでお客様同士がアウトドアについて自由に交流して頂く場を作りたいという思いから、アウトドアブログ専用サイト『blog@ナチュラム』を立ち上げてアウトドア好きの方々が自由にブログを作り、それによってある種のコミュニティ作りを支えてきたが、"ブログ"は本来的にはコミュニティではない。当社としては、日本では実は大きなところはないアウトドア愛好者のネットコミュニティを作ろうということで話題の『マストドン』を使ってコミュニティを構築しようと考えた」(同社)という。なお、ネット販売事業者が「マストドン」を活用したSNSを立ち上げるのは初となるようだ。

 「ナチュドン」は4月中旬に開設後、5月2日に公式ブログで正式に告知後、1日100人ペースで登録ユーザー数が増えているとしており、現状のユーザー数は500人弱となっている。「他のインスタンス(SNS)と比べてもユーザーの伸びは順調」(同社)とする。

 なお、同社では「ナチュドン」のほか、"釣り"の愛好者向けの別のインスタンス「ナチュドンフィッシング」を立ち上げたことを公式ブログサイトで5月15日に公表しており、今後も「マストドン」の手軽さを活かして、趣味別のインスタンスの立ち上げを進める可能性もあるようだ。ちなみに「ナチュドンフィッシング」のユーザー数は5月中旬時点で40人となっている。

 いわば、自社オリジナルの「ツイッター」が構築できる「マストドン」。運用方法などによっては効果的かつ低コストで顧客との関係性構築や新規顧客の獲得に活用できる可能性もありそうで、ナチュラム・イーコマースのみならず、他の通販企業からも今後、注目されるかもしれない。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3854
Listed below are links to weblogs that reference
ナチュラム・イーコマース、新型SNSでコミュニティ from 通販新聞

Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > ナチュラム・イーコマース、新型SNSでコミュニティ

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ