Home > 媒体研究(紙・電波) > 千趣会 汗取りインナーで販促、新聞や交通広告など展開

千趣会 汗取りインナーで販促、新聞や交通広告など展開

 4-1.jpg千趣会は5月19日、夏の人気商品であるベルメゾンオリジナルの汗取りインナーブランド「サラリスト」でクロスメディアプロモーションを開始し、今春夏シーズンは過去最高となる5億6000万円の売上高を目標に掲げる。

 「サラリスト」シリーズは汗を漏らさないことに特化したインナーで、2011年の発売以来、累計358万枚を販売している。今年3月のネット調査では、「汗が他の人より大量」と感じている人が約4割に上り、汗の困りごととして「におい(83・2%)」に次いで「汗ジミ(67・5%)」をストレスに感じる人が多いことが分かった。

 そこで、今回の販促では"大汗さん"という言葉にフォーカスし、「サラリスト」を"大汗さんのための汗ジミさよならインナー"のキャッチフレーズで展開。新聞広告を皮切りに、雑誌やウェブ、交通広告のほか、ウェブ限定のCM動画を順次展開する。また、通販サイト「ベルメゾンネット」では「サラリスト」の特集ページも用意した。

 新聞は、5月19日付けの読売新聞全国版に全15段広告を掲載(=画像)。雑誌は女性誌を対象に展開するのに加え、スマホ純広告も出稿する。交通広告についてはJR東日本の京浜東北線、根岸線、埼京・りんかい線、中央快速線、青梅・五日市線、中央・総武線各駅停車、常磐線各駅停車、首都圏新都市鉄道のつくばエクスプレス、JR西日本の大阪環状線普通車201系の女性専用車両に限定して中吊りやドア横、窓上・ドア上に掲出するほか、ウェブ限定CM動画も放映する計画だ。

 ウェブ限定CM動画「大汗さん」篇は、大汗さんのキャリアウーマン役にモデルの美保なな実さん、受付嬢役にお笑い芸人Aマッソの加納さんを起用。ユーチューブのサイトや「ベルメゾンネット」、フェイスブックでも公開する。また、CM動画の中で純朴な新人受付嬢を演じた加納さんが関西出身の受付嬢だったらという設定で、すべてアドリブ撮影した「関西弁」篇の動画も期間限定でワタナベエンターテイメントのウェブサイトとAマッソのユーチューブ公式チャネルで公開している。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3862
Listed below are links to weblogs that reference
千趣会 汗取りインナーで販促、新聞や交通広告など展開 from 通販新聞

Home > 媒体研究(紙・電波) > 千趣会 汗取りインナーで販促、新聞や交通広告など展開

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ