Home > 媒体研究(紙・電波) > 楽天 「映画の部屋」再現、楽天市場のインテリアで

楽天 「映画の部屋」再現、楽天市場のインテリアで

041.jpg 楽天は3月17日と18日の2日間、東京・秋葉原のレンタルスペースにおいて、映画や海外ドラマの登場人物の部屋を「楽天市場」で販売しているインテリア商品で再現し、無料で一般公開した。

 映画『ティファニーに朝食を』でオードリー・ヘプバーン演じる主人公・ホリーの部屋と、ドラマ『ゴシップガール』の登場人物、ブレアとダンの部屋をそれぞれ再現した。アイテムはインテリアコーディネーターの三宅利佳氏がセレクト。訪れた人がベッドやソファーなどに触れたり座ったりできるようにした。

 楽天市場ではインテリア関連商品として1150万点が登録されており、インテリア専門ショップは2755店にのぼる。インテリア市場規模が停滞する中で、楽天市場においては売り上げも好調で、2011年から16年の5年間で売上高が約80%伸びた。

 特に、ソファーと壁紙が好調で、16年の売り上げは前年比でそれぞれ約20%、約30%増えた。同社では好調の理由について「インテリアのテイスト・スタイルの多様化傾向が大きい」(ECカンパニー・ホームライフ事業部ジャンル戦略課の舩坂康祐氏)と分析。楽天市場では、こうしたニーズに対応する多様なインテリア商品を扱っているが、「探しにくい」「何を買っていいか分からない」といった声もあることから、同社では近年「ライフスタイルや空間の提案」「商品+サービスの提案」に注力。ソファー単品ではなく、部屋全体のコーディネートを提案する形だ。

 昨年には、インテリア関連のトレンドをテーマに、楽天市場の商品で構成した部屋を再現。新生活特集などコンテンツにも力を入れており、4月中旬には新たに「Rakuten Interior Style」を開設する予定だ。

 今回の企画について、同社の舩坂氏は「楽天市場で家具やインテリアを探すと、検索やランキング経由で定番商品に偏りがちになる。映画の世界に出てくるような、日常からかけ離れた家具などどんなアイテムでも買えることをお客様に知ってもらいたいと考えた」と狙いを説明する。

 今回対象とした作品は、知名度の高い古典映画と最近放送された海外ドラマ。映画と全く同じインテリアは売っていないことから、色や形、質感・配置などを工夫することで、作品世界を再現している。例えばゴシップガールのダンの部屋は、レンガの壁のほか使い込んだ革や木の家具、本とアートに着目し、部屋を再現した(=画像)。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3793
Listed below are links to weblogs that reference
楽天 「映画の部屋」再現、楽天市場のインテリアで from 通販新聞

Home > 媒体研究(紙・電波) > 楽天 「映画の部屋」再現、楽天市場のインテリアで

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ