Home > 企業動向 > ヤフーの仮想モール、ソフトバンク利用者へのポイント増倍を夏以降も継続か

ヤフーの仮想モール、ソフトバンク利用者へのポイント増倍を夏以降も継続か

2-1.jpg
「ソフトバンク契約者へのポイント10%付与、夏以降も継続か」――。ヤフーが運営する仮想モール「ヤフーショッピング」はグループの携帯電話キャリアのソフトバンク(SB)との連携を加速させていく方針だ。3月3日に都内で開催した「ヤフーショッピング」の優良店を表彰する「ヤフーショッピングベストストアアワード2016」の表彰式にヤフーの仮想モール事業を統括する小澤隆生ショッピングカンパニー長(=写真)が登壇し、「ヤフーショッピング」の現状と今後を説明した。

 小澤氏はヤフーショッピングの成長のための施策として「2016年は『ロイヤルカスタマーの醸成』『集客の大幅増』『販促企画の拡大』『お客様からの信頼』の4つについてがんばるとし、特にロイヤルカスタマーを作るという点はなかなかうまくいった」と振り返った。

 「ヤフーショッピング」では同社の有料会員「ヤフープレミアム会員」に対し、商品購入額の5%分(通常は1%)の「Tポイント」を付与する試みを一昨年前から実施しているが、「(有料会員は)一般ユーザーと比べて3・5倍程度、(ヤフーショッピングの)利用があり、現状、ヤフーショッピングの売り上げの62%は『ヤフープレミアム会員』によって作られており、比率はどんどんあがっている」(小澤氏)とし、この試みが一定の成果を見せているようだ。

 そうした成果を受けて、昨年11月中旬から今年1月まで断続的に有料会員へのポイント付与率をさらに増やし、10%分とする試みも実施。これについても年末セールの流通額を引き上げるなどの成果が出たようだが、このように効果が実証された特定層に絞って付与ポイントを増やす手法を"横展開"する形で、2月1日からSBのスマホ契約者を対象に「Tポイント」を10%とする試みをスタートさせている。同試みは5月末までで終了するとしていたが「6月以降、どうしようかと。きちんと成績が出ればその点(継続の有無)を考えていきたい」(小澤氏)とした上で、SB利用者へのポイント増倍の効果は「今のところ、"なかなかいい"」(同)とする。さらに2月からは「SB利用者10%付与」をPRするテレビCMを放送し始めたほか、全国のSBの店舗でポスターやのぼりを使って告知するなどSB利用者へのアピールを本格化させていることから夏以降も継続する公算は高そう。

 なお、「ヤフープレミアム会員」への10%付与についても「"財布との相談"と成果次第だが(今後も)僕はやりたい」(同)とポイント販促を強化したい意向。

 ポイントによる販促だけでなく、昨年は「"優勝"しなかったにも関わらず、セールを行ったが『非常に売れた』」(同)という福岡ソフトバンクホークスの優勝を記念したセールを「今年も優勝してもしなくても行う」(同)とし、また、昨年はヤフーの創業20周年を記念して6月に「大感謝祭セール」を実施したが「今年も21周年記念として流通が厳しい7月頃に同様のセールを行い、盛り上げていく」(同)という。このほか、昨年11月に行ない過去最高の日販となった「いい買物の日セール」も含めて昨年実施した各種のセールは今年も実施していく。

 また、ネット競売「ヤフオク!」との連携も強化。すでに実験的に「ヤフーショッピング」と「ヤフオク!」の商品検索結果に互いの商品を表示する試みなども始めており、新品・中古の区別なく、商品を検索・購入できるようにすることでユーザーの利便性を高め、互いの利用者を送客、両サービスの集客力を高めるなどの販促および集客策も展開していく考え。

 なお、「ヤフーショッピング ベストストアアワード2016」の総合グランプリは昨年に続き、「Joshin web」が受賞。その年1年間での成長率などを勘案して選出した「Yahoo!ショッピング大賞」は「ヒマラヤYahoo!店」が受賞した。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3773
Listed below are links to weblogs that reference
ヤフーの仮想モール、ソフトバンク利用者へのポイント増倍を夏以降も継続か from 通販新聞

Home > 企業動向 > ヤフーの仮想モール、ソフトバンク利用者へのポイント増倍を夏以降も継続か

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ