Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > 阪急阪神百貨店、コスメと衣料品のEC強化

阪急阪神百貨店、コスメと衣料品のEC強化

5-1.jpg
阪急阪神百貨店は3月22日、消費者の購買スタイルの変化に対応する目的で、従来の通販サイトを刷新し、店頭受け取りなどサービス面も充実させたファッションECモール「阪急ファッション&ビューティーEストアーズ」(画像)を開設した。

 今回、約160ブランドをそろえる化粧品通販サイト「阪急ビューティー」と、男性向けのファッション商材やビューティーアイテムなどを販売する「阪急メンズオンラインストア」を刷新するとともに、昨年3月に開設した女性向けファッション通販サイト「阪急ファッション」を加えた3サイトの集合体が「阪急ファッション&ビューティーEストアーズ」で、従来型の百貨店ECから脱却し、専門ショップが並ぶ"専門大店型モール"として展開する。

 「阪急ビューティー」は、メインターゲットを30~40代のアクティブOLに設定。ネットとリアルで積極的に情報収集する女性を意識したデザインとし、トップ画面にはブランド横断型で旬のメークを提案するメインビジュアルや、お薦め商品をランキング形式で紹介するコンテンツを展開する。ブランドごとにヒストリーや一押し商品を打ち出す個別ページも用意する。

 また、マーケティングオートメーションを活用した1to1の情報発信も実施。買い上げ商品を使い切るタイミングで継続購入を促すメールを配信するほか、閲覧履歴に合わせたお薦め商品の提案やリアルイベントへの招待なども行う。

 「阪急メンズオンラインストア」は、阪急メンズ店舗の約160ブランドを展開する。ECならではのターゲット像を設定。モノだけでなく背景にある物語に価値を感じる男性を対象にした「マイスターショップ」、美への関心が高い男性をターゲットにスキンケア方法などを動画で解説する「メンズビューティー」など4つの編集コーナーを設ける。また、専門性や独自性を追求し、店舗未展開商品を扱うなどして競争力を高める。

 サービス面では、3月29日から「阪急ビューティー」と「阪急メンズオンラインストア」で新たに一部店舗での「店頭お渡しサービス」を開始。自宅への配送だけでなく、午後1時までに注文した商品は当日の午後5時以降、「阪急ビューティー」の商品は阪急うめだ本店2階エクスプレスカウンターで、「阪急メンズオンラインストア」の商材は阪急メンズ大阪5階の紳士服お渡しカウンターでそれぞれ受け取ることができる。新サービスを始めるのに当たり、同社ではオンライン商材を店外倉庫にストックして対応するという。

 また、「阪急ファッション&ビューティーEストアーズ」ではポイントサービスを拡充。従来の阪急阪神グループ共通カードでの決済時に加え、コンビニ、ATMでの現金払いや他社クレジットカードでの購入時にも店頭と同様に、グループのポイントサービスや当該サイトで使えるポイントを付与する。

 新サイトの売上げ目標は非公表だが、化粧品のEC売上高については、現状の約7億円に対し、今期(18年3月期)は約15億円を目標とする。

 なお、同社では「阪急ファッション」と「阪急メンズオンラインストア」の商品調達や商品情報作成、在庫管理、出荷業務などでマガシークのサポートを受ける。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3802
Listed below are links to weblogs that reference
阪急阪神百貨店、コスメと衣料品のEC強化 from 通販新聞

Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > 阪急阪神百貨店、コスメと衣料品のEC強化

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ