Home > フルフィルメント > 日本郵便 6月からハガキなど値上げ

日本郵便 6月からハガキなど値上げ

 7-1.jpg日本郵便は6月1日、ハガキと定形外郵便物の料金、メール便の運賃を改定する。人件費の上昇など郵便事業の収支が悪化しているほか、郵便物やメール便が大型化しているのに対応するためという。ハガキは通販企業をはじめ法人の利用が多いが、昨年6月に大口利用の割引率引き下げによる実質値上げに続けてのコスト負担増となる。



 郵便料金の改定は1994年以来となる。改定するのはハガキの第2種郵便物と、通常郵便物の第1種郵便物のうち定形外郵便物。ハガキは現状の52円から10円値上げし62円となる。また往復ハガキは104円から124円と20円の値上げ。年賀ハガキに関しては52円に据え置くとし、12月15日から翌年1月7日の間に差し出した通常ハガキで表面に「年賀」の文字を朱記したもの(私製のハガキ含む)を対象にする。

 ハガキは利用数自体が減少する傾向にある中、第1種郵便物と同様のオペレーションで区分けや配達を行っていることなどからコスト吸収が難しいようだ。15年度は294億円の営業赤字となっている。

 定形外郵便物は長辺34センチ以内、短辺25センチ以内、厚さ3センチ以内で重量が1キログラム以内の規格に収まるものとし、同規格内のものと同規格外とに分けて新料金を設定。規格内の郵便物は50グラムまで(120円)、50グラム超100グラムまで(140円)、100グラム超150グラムまで(205円)、150グラム超250グラムまで(250円)は現行料金を維持する。250グラム超500グラムまでは400円から380円、500グラム超1キログラムまでが600円から570円に引き下げている。

 一方、規格外の場合は200円(50グラムまで)~1330円(2キログラム超4キログラムまで)に設定し、規格内に比べ80~150円割り増しになる。これまで設けてきて1キログラム超2キログラムまでと2グラム超4キログラムまでは規格外の新たな料金設定となり、それぞれ870円が1020円、1180円が1330円になる。

 メール便の「ゆうメール」も定形外郵便と同様の規格に収まるかどうかで2系統の料金を設ける。150グラムまで、150グラム超250グラムまで、250グラム超500グラムまえ、500グラム超1キログラムまでは、いずれも現行運賃と同じ180円、215円、300円、350円。規格外の場合はそれぞれ265円、305円、400円、450円となる。1キログラム超2キログラムまでと2キログラム超3キログラムまでは規格外となり、従来の460円、610円が560円、710円となる。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3706
Listed below are links to weblogs that reference
日本郵便 6月からハガキなど値上げ from 通販新聞

Home > フルフィルメント > 日本郵便 6月からハガキなど値上げ

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ