Home > 商品政策 > 白鳩 PB商品を強化、中価格帯でF1層向けに投入

白鳩 PB商品を強化、中価格帯でF1層向けに投入

081.jpg 下着のネット販売を行う白鳩は、プライベートブランド(PB)商品や他社とのコラボ商品の投入を強化している。20~34歳(F1層)をターゲットに、売れ筋となっている中価格帯を中心に品ぞろえを増やしていく。全商品におけるPB・コラボ商品の比率は中長期的に30%を目指しており、利益の確保につなげる考え。

 12月1日に発売したPB商品は「ブルーミングフローラ エッセンス」で、独自のルームウェアブランドの姉妹ブランドとして投入する。F1層に向けてルームウェアとのトータルコーディネートを提案する。

 第1弾商品は「ブラレット上下セット」(税抜価格は3700円)。ノンワイヤーのブラジャーは肌当たりが優しい綿素材を使用し、洗濯ネームは肌に直接当たらないように取りつけた。ショーツはフラットなマチで肌触りの良さを重視した。

 ルームウェア「ブルーミングフローラ」は2015年3月に投入。「優しい着け心地」や「家での時間をリラックスできる」などをコンセプトに自社デザイナーが企画・デザインを行う。前期は予想を上回る売上高を達成するなど好調に推移しているという。

 新商品のインナーは、自社デザイナーが監修し、コンセプトとの統一性などを踏まえて商品化した。今期、同ブランドを手掛ける担当部署の人員はデザイナー1人の増員を計画し、ルームウェアなどのアイテム展開を増やしていく考え。

 また同日、下着ブランド「ラヴィアドゥ」との共同企画商品「ランピディテ コレクション」を発売した。同ブランドとの連携は初めてで、透明感のある美をデザインテーマとした。

 発売したのは3アイテムで、「3/4ブラジャー」(税抜価格2300円)のほか、「ノーマルショーツ」(同1400円)と「Tバックショーツ」(同1400円)の3アイテムとなる。

 ターゲットはF1層で、都会的な可愛さと、顧客ニーズが高い着け心地の良さの両立をめざして開発した。繊細なチュールレースやサテンリボンをデザインし、厚手のステッチ入りパッドや、カップ内側の綿混素材を採用した。

 なお、同社は従来から、PB・コラボ商品の強化を進め、前期(2016年8月期)には19・9%まで高めている。これまで、PB商品は、ルームウェアブランド「ブルーミングフローラ」のほかに、ランジェリーやレッグウェアなど125アイテムをラインアップする「コントランテ」や、高価格帯で103アイテムを提案する「コミューズ」などを展開しており、中長期的には、PB・コラボ商品比率を30%まで高め利益確保につなげる。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3680
Listed below are links to weblogs that reference
白鳩 PB商品を強化、中価格帯でF1層向けに投入 from 通販新聞

Home > 商品政策 > 白鳩 PB商品を強化、中価格帯でF1層向けに投入

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ