Home > 官庁・団体 > 東京都の健食広告分析 定期トラブルを注視、健食ウェブ広告相談が最多

東京都の健食広告分析 定期トラブルを注視、健食ウェブ広告相談が最多

 東京都は、2016年度の「広告」に関する相談分析で健康食品に関する相談が「断トツで多い」(東京都消費生活センター相談課)として、健食に関する相談を取り上げた。「広告」それ自体の問題を指摘するもの。とくに健食の「定期購入」に関する問題点が指摘されており、現在、消費者委員会で継続されている消費者契約法の改正議論にも影響する可能性がある。

 「広告分析」をみると商品に関する相談は、計4147件寄せられている。このうち「健康食品」は614件。約15%を占める。商品ごとの分析では、分析した9媒体のうち「新聞」「折込」「雑誌」「テレビ」「ラジオ」「電子(ウェブ)」で健食に関する相談が最も多かった。

 中でも「ウェブ」は、約2400件の相談件数のうち、健食が下位を大きく引き離し、2位(四輪自動車)の約4倍となる400件超の相談件数に上る。

                              ◇

 これを受け、都では各「広告」にみられる傾向を分析している。ただ、そのいずれにおいても「定期購入」に関するトラブルの問題点を指摘。とくに多いのは「ウェブ広告」における健食の相談。414件のうち、「継続」「定期購入」といった単語が出てくる相談が263件、「お試し」「初回無料」「初回数百円」「送料のみ」といった単語が出てくる相談が181件だった。商品は、酵素食品やダイエットやバストアップサプリ、乳酸菌、すっぽんエキスなどが多いという。

 ほかの媒体は、たとえば「新聞広告」に関する65件の相談のうち、「『初回限定』や『お試し』『○○に効く』といった広告をみて"1回のつもりで注文したところ定期購入になっていた"といった相談が18件寄せられた」としている。「折込広告」は30件中8件が定期に関するもの。「『お試し』『サンプル』を頼んだはずが定期コースになっていた」といった相談があった。

 「雑誌広告」は16件中6件、「ラジオ広告」も8件中5件が「定期解約を希望したが『最低3カ月継続』と言われた」など定期に関する同様の相談だったとする。「テレビ広告」は34件中22件が定期購入に関するもの。ただ、その内容は、「飲んで体調が悪くなった際の中途解約」、「記載はあるものの消費者が定期購入のCMと思わなかった」などとなっており、考査の影響か一定レベルで表示が行われている様子がうかがわれた。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3655
Listed below are links to weblogs that reference
東京都の健食広告分析 定期トラブルを注視、健食ウェブ広告相談が最多 from 通販新聞

Home > 官庁・団体 > 東京都の健食広告分析 定期トラブルを注視、健食ウェブ広告相談が最多

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ