Home > フルフィルメント > アマゾンジャパン  スピード配送、東京23区全域に

アマゾンジャパン  スピード配送、東京23区全域に

 7-1.jpgアマゾンジャパンは11月15日から、有料会員「アマゾンプライム会員」向けに展開するスピード配送「プライムナウ」の対象エリアを東京23区全域に拡大した。同日付で東京・豊島区内に都内では3カ所目の「プライムナウ」用の専用配送拠点を稼働させ、同拠点でこれまでカバーできていなかった中野、豊島、北、板橋、練馬の5区へもスピード配送が可能になった。これにより、東京23区全区で「プライムナウ」を実施できる体制とした。最大商圏となる東京23区でのスピード配送サービス体制を整えることで競合他社との差別化を強めたい考えだ。

 11月15日に東京・豊島区内に「プライムナウ」専用の新たな物流拠点「アーバンFC豊島」を開設した。同社では世田谷・等々力と江東・豊洲に専用拠点を設置しているが、既存の2拠点ではカバーできなかった城北エリアの配送に対応。同拠点で午前6時から深夜1時までの指定時間に1時間以内に配送する「1時間以内配送」と午前6時から深夜12時まで2時間単位の配送時間を選択して当該時間枠内に配送する「2時間便」を展開する。

 7-2.jpg対象商品数は約6万5000点で牛乳や卵、冷凍・冷蔵食品、調味料などの食料品、水やソフトドリンク、酒などの飲料、洗剤やシャンプー、ベビー用品なの日用品のほか、ワインなども販売する。
 「プライムナウ」は昨年11月19日から、東京・世田谷区や目黒区など都内8区を対象地域としてスタート後、同12月3日に対象エリアを神奈川・川崎市の高津区および中原区まで拡大。今年1月12日からは川崎市内の宮前区と多摩区および東京・調布市と狛江市まで広げ、さらに1月26日からは新たに大阪・淀川区内および横浜・鶴見区内に専用配送拠点をそれぞれ設置し、大阪(大阪市内17区および守口市、摂津市、吹田市、豊中市)、兵庫(尼崎市・伊丹市)、横浜(11区)の一部地域。また、川崎市内のカバーエリアをさらに広げ、川崎区と幸区でも「プライムナウ」を開始している。2月23日からは、豊洲に新拠点を設置して対象エリアを都内12区および千葉・市川市、浦安市まで拡大していた。今回の新拠点設置で東京23区全区で「プライムナウ」の展開が可能になる。ただ、23区の中の全エリアではなく、一部の地域では対象外となっている。

 今後の「プライムナウ」の対象エリア拡大の方向性については明らかにしていないが「プライム会員の多い地域を迅速に"プライムナウ"が提供できるように準備を進めていく」(PrimeNow事業部・永妻玲子事業部長)としており、大都市圏での新拠点設置およびサービス開始を進めていきたい考えのようだ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3650
Listed below are links to weblogs that reference
アマゾンジャパン  スピード配送、東京23区全域に from 通販新聞

Home > フルフィルメント > アマゾンジャパン  スピード配送、東京23区全域に

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ