Home > フルフィルメント > アマゾンジャパン、「プライムマーク」出店者に解放 配送レベル高い事業者限定で

アマゾンジャパン、「プライムマーク」出店者に解放 配送レベル高い事業者限定で

061.jpg アマゾンジャパンは10月31日から、同社サイトの出店者が自社配送商品にも、アマゾンの有料会員であれば送料無料で受注日の当日・翌日に配送することを示す「プライムマーク」を商品画面に表示できるようにした。従来まで、同マークの表示はアマゾンの直販品かアマゾンの物流代行サービスの利用事業者の商品のみだったが一定の配送レベルを持つ出店者に限定し"解禁"したもの。プライムマーク表示商品は他商品に比べて購入転換率が総じて高いことから、"解禁"で出店者の販売を支援し、流通総額アップにつなげる狙い。

 アマゾンのサイト内の仮想モール機能「アマゾンマーケットプレイス」の出品事業者が自ら配送する商品にも、有料会員「Amazonプライム会員」であれば受注日の当日または翌日に送料無料で商品を配送することを約束した「プライムマーク」を当該商品の販売ページに表示できる仕組み「マケプレプライム」(画像=アマゾンのサイトから)は今夏から一部事業者を対象に先行スタート、10月31日から本格実施に踏み切ったもの。アマゾンからの発送と同程度の配送レベルを示す一定の基準(過去30日以内の期日内配送率96%以上、追跡可能率94%以上、出荷前キャンセル率1%未満など)を満たした事業者は管理画面で対象商品を選んで、「プライムマーク」を表示できる。また、「マケプレプライム」の対象商品についてはアマゾンのカスタマーサービスが出店事業者にかわって顧客対応を代行する。なお、「セラー・フルフィルド・プライム」という名称で米、英、独のアマゾンでもすでに実施しており、日本は4カ国目となるようだ。

 優良顧客と言える「プライム会員」にとって、商品ページに"無料で当日・翌日に届く"ことを示した「プライムマーク」が表示しているか否かは当該商品の購入を決める大きな基準とも言え、同マークがアマゾン内での購入転換率に与える影響は大きいが、これまではアマゾンの直販商品か同社の物流代行サービス「フルフィルメント・バイ・アマゾン(FBA)」の利用事業者の商品しか同マークを表示することはできなかった。今後は他の販売チャネルとの在庫一元管理が必要でFBAを利用しにくかったロングテール商品やFBAでの対応が難しい温度管理が必要なもの、大型のもの、危険物、賞味期限が短いもの、医療関連商品なども一定の基準を満たした事業者であれば「プライムマーク」を表示できるようになる。

 実際の効果としては、医療機器や医薬品を販売している事業者の事例ではこれまで商品の特性上、一部商品を除き、FBAで対応できず、自社で出荷していた売れ筋商品に対して今夏から「マケプレプライム」を利用した結果、「それまで前年同期と同水準だった売り上げは導入以降、大きく跳ね上がった」(セラーサービス事業本部・技術推進本部セラーフルフィルメントの筒井剛マネージャー)という。

 ただし、「マケプレプライム」の利用にあたっては高い配送レベルを維持し続ける必要があり、一定の基準を維持できなくなった場合、利用権限ははく奪される。また、対象商品の送料は事業者の負担となるため注意が必要だ。一昨年末から出店事業者を対象に、一定の配送基準を満たすことを条件に商品届け先が東京23区内の場合は「注文当日」、それ以外の地域では「注文翌日」と商品詳細ページに掲示できるようにした「マケプレ当日お急ぎ便」「マケプレお急ぎ便」をスタートさせているが、この際は事業者は顧客から別途、任意で料金を徴収できる仕組みとなっているが、「マケプレプライム」の場合は、顧客から送料を徴収できず自社負担となるため、コストアップにつながることから費用対効果を考えた運用が必要となりそうだ。

 アマゾンでは購入転換率が高い「プライムマーク」を出店者も表示できるようにすることで出店者の販売を支援し、アマゾンの手数料と全体の流通総額のアップにつなげたい狙いだ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3628
Listed below are links to weblogs that reference
アマゾンジャパン、「プライムマーク」出店者に解放 配送レベル高い事業者限定で from 通販新聞

Home > フルフィルメント > アマゾンジャパン、「プライムマーク」出店者に解放 配送レベル高い事業者限定で

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ